花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

ゆるっと楽しい 「おたく漫画家がみんなとご飯食べるよ!」

 

 タイトル通り、袴田先生が友人知人と楽しく食事をしつつのエッセイまんがです。なのに、一話目から一人で昼飲みしていますが、締め切り明けでハイテンション気味です。家で料理をしたり(簡単なレシピあり)、外食だったり、雀荘やお花見で食べたりと食事全般を取り扱ってます。蘊蓄もほとんどないし、料理シーンばかりとか出ないのでかわいい作画と相まって気軽に読める。

エッセイ部分も高校時代の思い出だったり、友人たちと麻雀に繰り出したりとおたくっぽくないエピソードもあります。でも、ゆるっとオタク向けでしょうか。駆け出し時代や原画展の話もあるので、作者の漫画家としての活動を振り返る形にもなってます。個人的にグッときたのは初めて同人誌即売会にいった話。私も母に付いてきてもらったんだ(そして袴田先生と同様に喫茶店で待っててもらった)。私は何を食べたのか忘れましたが、その日の即売会のことはよく覚えている……。懐かしいことです。

もともと袴田先生のブログをよく拝見していたのですが、そこにおいしそうな料理の写真がたくさん掲載されていて、食べるのが大好きなのだなと思っていました。なので、今回のグルメエッセイも楽しかったです! 2巻もあったらいいな。

ラストの15話目で友人の橘さんに起きた出来事に、これからどうなるんだー!! と、私も驚きと笑いがあったのですが、カバー裏にその後がありました。良かった良かった! のんたんのその後? も描かれていたので、これから購読予定の方はカバー裏は本編のあとですよ~。