読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

特別展「春日大社 千年の至宝」と上野東照宮

日記

先週、特別展「春日大社 千年の至宝」を見てきました。最終週というのもあってか、平日にもかかわらず混雑していました。と…特別展は大変な人ですこと!

 

f:id:coconoji:20170312131607j:plain

音声ガイドを借りてじっくりと、貴重な品々や武具をたくさん見ました。国宝や重要文化財に指定されている品が多くて、ものすごくドキドキした……。鉾がものすごく長かった。刀剣は刀鍛冶の方が再現したものも展示されていて、その煌びやかさに驚きました。神具なんですね。可愛いキャラのチケットファイルも記念に買いました。

f:id:coconoji:20170312131621j:plain

 

 あと、前々から行ってみたかった、上野東照宮にも行ってきました。動物園のとなりにあります。藤堂高虎が創建したとのことで、気になっていました。

 詳しいことは上野東照宮 - Wikipediaより引用です。

寛永4年(1627年)、藤堂高虎が上野の高虎の敷地内に創建した。社伝によれば、元和2年(1616年)、危篤の家康から自分の魂が末永く鎮まる所を作ってほしいと高虎と天海に遺言されたという。

 

f:id:coconoji:20170312131649j:plain

 ラーメンののぼりがうまい具合に入ってしまう。すぐ脇に茶屋があって、いろいろ売っています。

f:id:coconoji:20170312131713j:plain

f:id:coconoji:20170312131730j:plain

f:id:coconoji:20170312131750j:plain

 

f:id:coconoji:20170312131812j:plain

外国人の方が多く、皆さん写真をバシバシ取っている。会話から「イエヤス」と聞き取れて、徳川家康は国外でも有名なのだなとちょっと感動。手水場を手順通り使っている方は多いのに、お賽銭を入れたり拝礼しているひとがまったくいなくて、みんな写真に夢中。邪魔にならない様に拝礼する。

参拝と共に今回の目的だった、御朱印も書いていただきました。最近人気ですよね。子どものころから参拝している神社でも御朱印をいただけると知って、書いてもらったのがきっかけです。先日、参拝に行ったとき、社務所で御朱印帳が売っており(あ、ここでもやってたのかと)見ていたら、神社の方が「御朱印ですか?」と声をかけてくださって、せっかくだっからという流れでした。帰ってきてからネットで検索してみたら、駅からかなり遠い神社なのに訪れている方も多く、御朱印帳も神社オリジナルと分かりました。し……知らなかった……。

この神社の御朱印しかない状態でしたが、このたび上野東照宮の御朱印が増えました。嬉しい。桜の時期や、園内のぼたん苑が開催中の時は特別な押印で書いてもらえるそうです。何回も貰いにきて良いものなのだろうか?

f:id:coconoji:20170318140717j:plain

あいだに挟んでもらえる「はさみ紙」も、御朱印の説明書きで勉強になります。押印に高虎公の名前が入っている! ちなみに上記の神社のはさみ紙はホームページ(QRコード付き)と例大祭など年間の予定のお知らせが書いてありました。この神社、TwitterFacebookもやってるじゃないの……1000年以上続く神社なのに、しっかり時代に合わせているんですね。知らなかったーーー!

今回時間がなくて、社殿を見てこられなかったので、また行きたいです。ぼたん苑も行きたいな。