花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

ケンジとシロさん2の感想(ネタバレなし)

昨年末の冬コミでケンジとシロさん2が頒布されたとのことで、私も通販で買いました。一応ネタバレはなしで感想を書きたいと思いますが、全体はざっくり触れますので、全く知らない状態で読みたい・同人誌などの番外編は知りたくないという方はスルーしてください。

同人誌の感想って書いてもいいものか悩みますが、作者本人により番外編というのもあり、あえて書かせてもらおうかということで……結論だけ先に言いますと、とても面白かったです。

katasumipancake.hatenablog.jp

ケンジとシロさん2は前回より、さらに本編と連動したストーリーになっていました。コミックス2巻・#9のゲリラ豪雨前後の裏話です。2人がどのように「恋人関係」になっていったのかが、つぶさに描かれています。ゲイにとってのデリケートな問題にも触れつつ、がっつりとした内容。BL誌だったら普通に掲載されていたんだろうなと思いますが、モーニングですからね。コミックスとケンジとシロさんを比べながら読むと、商業誌は恋人関係であるのに、そのあたりの具体的な親密さを省いている感じがします。その分、同人誌ではこれでもかとしっかり濃密に描いているので、再びコミックスを読んだ時に若干複雑な気持ちにもなります。いやな気分になるとかではないです。この人たち恋人同士だったんだな、と読んでいるこちらに照れが入るといいますか。

あくまでも、同人誌の番外編なので、読まなくても大丈夫ですが、BLは平気だよ・2人が恋人なターンが見たいって方におすすめしておきます。R18なので、未成年の人は見ちゃだめだよ!表現は優しめなので、BLを読み慣れていない人でも大丈夫だと思います。2はシロさんがかなり乙女モードです。本編とのギャップ萌えです!

このシリーズのみ購入したい方はとらのあなよりCQ-WEBがおすすめです。1も再販されたみたいなので、合わせて読むとより楽しいです。