読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

そのジャンルを遊ぶ時の基準

ひと月前に書いた「本編を通しての「罪の華エンド」を考える」という記事を読み返したんだけど……何これ。カッとなって書いちゃったんですが、あれから下天に限らず様々な乙女ゲームの感想を読み、好きな声優さんが担当されたキャラのみプレイする方やハッピーエンドしか見ない方も結構いると知りました。そりゃそうだよね。自分の好きなようにプレイしていいんだよね、ゲームだもの。もちろん、フルコンプを目指してエンディングは全てみる人も多いですよね。私もこれです。

 

SFC版のアンジェリークは遊んでいますが、子どもの時分には女王に選ばれることしか頭になかったので「乙女ゲーム」として挑んだのは下天の華が初めてでした。ここで一切の躓きもなく全てのエンディングにたどり着き、乙女ゲー楽しいじゃん! となったのでした。しかし、これがいけなかったのかもしれません。私の頭の中で乙女ゲー=フルコンプになっていたのです。子どものころはRPGを楽しみ、大人になってからはBASARAと無双、龍が如くの各シリーズくらいしか遊んでいませんが、トロコンなど興味はなく自由に適当に遊んでいたと思います。ずっと遊んでいるEmpiresはイベントやBGMが回収できていないし、龍が如くでは延々と麻雀や花札をしていた記憶があります(しかも上達しない)。下天も神経衰弱がありますが、時間経過があるので際限なく遊べません。もっと自由度の高い乙女げーもあると思いますが、私が遊んだ作品はノベルゲーが多くストーリーを追っていくしかなかったので、ストーリーは確実に面白いはずと勝手に確信していました。しかし、攻略キャラやストーリーが合わないことがあるわけです。当たり前だけど。RPGやアクション、アドベンチャーならレベルを上げたり、戦略を考えたり、自分のゲームスキルを上げればラスボスに勝てるし、エス●ークも倒せるけど、たぶん乙女ゲームの地雷キャラのほうが強い。下天のあと、いくつかの乙女ゲームをプレイしましたが、あるゲームはフルコンプまでに一年かかり(初めて乙女ゲーム的地雷キャラに遭遇)、あるゲームは2人攻略した時点で面倒になってしまい、今でもフルコンプ出来ていないことで心がモヤモヤしています。乙女ゲーはフルコンプ、という自分ルールを作り独りで戦っているのです。アホです。まだ、トロコンしなきゃいけないと思っていないだけいいのかもしれません……。初めてそのジャンルにふれたゲームが基準になりやすいですよね。下天にはまらなかったら、他の乙女ゲーも遊ばなかったし。そう考えると一番初めに攻略した秀吉の素晴らしさについて語らなくてはいけないかもしれない。それはまた後日?