読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

「はぐちさん」がコミックスになった!

くらっぺ先生の「はぐちさん」が一冊の本にまとまりました。表紙が可愛いですね~。今までTwitterで描かれた話もたくさん掲載されています。「はぐちさん」って何?って方はこれを読めば大丈夫! 今まで読んでたよって方もぜひぜひ!

 

 

もともとはTwitterで更新されていた漫画です。私はライターのたろちんさんがニコ生で紹介していて知りました。まだ「はぐち」という名前もなく、歯のキャラとか読んでいたと思います。くらっぺ先生も今ほど頻繁には更新しておらず、さかのぼって読むのも比較的楽でした。だんだん世界観や八千代さんとはぐちのキャラも定まってきて、ストーリーができていった印象があります。

 

たろちんさんが紹介していた2つの4コマが私の初はぐちさんでしたが、今回のコミックスには入っていませんでした。片方はちょっとネタ的にはいれにくいかなと思っていたので仕方がないにせよ、もう一つは「みんな歯を出していこう!」すなわち、笑顔でいようとも取れるネタで初期はぐちの勢いを感じられるいい4コマだと思うんだけどな~。なんて。今年の2月に書いた記事に貼らせてもらった漫画も載っています。メイクの違いにも注目! あと少し前のはぐちって結構だ円ですねw はぐちの子どものころのエピソードは入ってなかったですね。密かに好きだったけど、全体的には浮いてしまうかもしれないですね。

 

都会での独り暮らしの中、日々の生活に疲れていたOL八千代さんがどこからか現れた「はぐち」との四季の生活を通して、少しずつ前向きに歩きだす姿が描かれていきます。恋も仕事も! なキラキラしているまんがも好きですが、いつも黒いパーカーを愛用している八千代さんに共感してしまう。あと食事をしているシーンが多いですね。うどんなど麺類がよく出てくる! 4コマ形式の連作ですが、あくまでも八千代視点で進みます。昼間は家を空けているわけで、その間のはぐちの行動は分からない。そこをうまくエピソードに使っていて面白く機能しているなと思います。何か大きな事件があるわけじゃないけれど、生きていく中でいろんな問題に直面する。上手くいくこともあれば、その逆も。日々の生活は出来事の積み重ねで、それはやがて思い出になっていく。シュールさやギャグをちりばめながらも、なんだかほっとする。お疲れ八千代さんに寄り添うはぐちが優しくてかわいい。「はぐちさん」はじんわり心に沁みていく物語です。

 

 

いや、ほんとにコミックスになるとは思わなかったよ~!!!!!

嬉しすぎ! くらっぺ先生、おめでとうございます!

 

コミックナタリーの記事にマンガや店舗特典も紹介されています!