花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

罪の華エンドを見るためのコツを書いてみました

ブログのアクセスログを見ていたら、罪の華エンドで来てくださっている方が多いみたいなので、入り方のコツなどを書いてみました。私はガイドブックを参考にしたので、あまり苦労はしなかったのですが、疑念を4まで上げるのは結構大変ですよね。ざっと書きだしてみましたので、参考にしていただけたら幸いです。もしかしたら間違っている個所もあるかもしれないので、いろいろ試してみてください。

 

 

■ここから罪の華の攻略について。

個別のネタバレはありませんが、罪の華ルートまでの道筋は細かく記してあります。

まずは3話の「蛍狩り」までに攻略キャラとの恋愛イベントを進めつつ疑念を4まで上げる必要があります。

 

・はじめの疑念1は大切に

初めは皆、疑念1があります。貴重です。減らさないようにしましょう。

 

・誘惑に失敗していっきに増やす

誘惑は縁の数値によって3段階(信行は2段階)ありますが、縁が低い状態で出てくる「表情を選ぶ誘惑」は、成功率低めです。特に上の選択肢は成功率が低めに設定されています。これで一気に増やすことが可能です。まれに成功することもありますが、大体失敗すると思います。誘惑って失敗するとすごくいやな顔される(ように見える)よね……ほたるごめん……。

 

・交流イベントで増やす

訪問しての交流イベントの中には疑念を増やせるものが含まれます。比較的、武器や夜の過ごし方、忍びについてなどで増えやすいです(キャラによっては下がる場合もあります)。逆に減る項目もあります。質問は夜の誘惑以外ランダムで表示されるので、訪問前にセーブしておくと良いです。

 

・恋愛イベントで調整する

疑念が上がっている場合のみ見ることができる恋愛イベントがあります(各キャラ2つ。信行は無し)。恋愛を進めるための必須イベントではありませんが、回想録を埋めるために見ておくと良いですね。縁を上げるというよりは疑念が上下するイベントです。キャラによりますが、大幅に上がったり、または下がったり……気をつけてください! 必須イベントにもあるので探してみるといいかもです。

 

・本編の中にも疑念あり

本編の選択肢にもさりげに混じっている疑念。私は誘惑で上げていたのを失念し、うっかり牢屋に入れられてしまいました。下天は周回プレイなところもあるので、だんだんどの選択肢で上がるのか分かってきます。これで調整するのもいいと思います。

 

・3話は入り口、4話で分岐

蛍狩りが終わりゲジメが登場したら、疑念4を保ったまま恋愛イベントを進めます。疑念を下げたり、恋愛イベントを放置すると4話・1日目の夜で選択肢が出ません。逆に選択肢が出ればルートに入ったことになります。罪の華の選択肢を選んでいきましよう。ここからストーリーそのものが変化していきます。

 

・百地は?(要検証)

隠しキャラでメニューに指南もない百地です。私は他のキャラは放置して百地のみを追って修行をしたり、城下のイベントを進めていたら3話で罪の華の選択肢がでたと思います。「誰でもいいから同時進行で疑念を4にしておいて、蛍狩りでルート選択をしたら、そのキャラのフラグを折る」という感想も見たのですが、定かではありません。進めないという方は、どちらのパターンも試してみてください。

 

 

=====================

 

新たに追加された罪の華エンドは、下天の華の新たな一面を見せてくれたルートでした。ほの暗く艶っぽく、絶望の中に浮かぶ愛憎があります。気になっている方は是非とも。百地の罪の華ルートの確実な入り方が分からないので、ガイドブックが出てくれたら一番いいんですけどね。夢灯りも出てないから望み薄ですな。