花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

愛蔵版プラチナBOXの感想もかくよ

回想録と後日談をすべて見たので、プラチナBOXを開けました。という訳で、さっくり感想を書いてみます。

 

 プラチナBOXとトレジャーBOXのどちらかを買ってみたいけど迷っている、という方がいらっしゃいましたら、個人的にはトレジャーBOXをおすすめしておきます。割引している店舗も見かけなくなったし、メモリアルブック、ドラマCD「蛍見の宴、再演」だけでも十分だと思います。この2つは特におすすめしたいアイテムです。迷っているけれど金額は気にしていないという方には、是非ともプラチナBOXをおすすめしたい! です!

  =======================================

 プラチナBOXを開封してCDを聴いたり本を読んだりしていますが、買ってよかったなと思います! 9枚組のCDがほんと良かった! 全員好きなので、個別でボリュームのある内容に大満足でした。BOXが重くてスライド式の箱を取りだす時に、指ををひっかけて外箱を少し破きました。きえええ! 高かったのに……!! CDは別のケースに一枚ずつ収納して聴いてます。CD表面のイラストってエンディングのイラストだよね。メモリアルブックやガイドブックには載ってなかったと思うので、何気にうれしい仕様でした。百地は後ろ姿ですが……!

 

 1. 9枚組ドラマCD「戦国♥現代 恋の味はかくも甘く」

秀吉と百地が約26分。それ以外のキャラは約29分でした。一人ずつのCDなので、聴き応えのある長さです。前半が安土学園、後半が戦国時代です。別々の話かなと思ったので、途中でぶつ切り状態で戦国時代パートにうつるのだろうと聴いてたのですが、それぞれの時代とリンクしている話になっていました。「ご先祖」の夢を見たり、不思議な夢を見たと安土学園の夢を見ていたり……未来を見ちゃってるのか!? でも「寝て見ていた夢」の内容には追及はしないので、気にせず聴けました。そういう話じゃないしね。安土学園はいろいろな設定やネタが出てきたので、まとめたら楽しそうです。信長様はバイク通学かよ……!!! 戦国時代は後日談の前後といった感じでしたが、百地と半兵衛はまた別の話なのかな? という印象を受けました。ほたるの特別な変化って一回しか使えないんじゃなかったっけ? 内容自体はとても素敵な話でしたが、できれば病状が改善してきたとか明るめの話が良かったな。官兵衛や信長の安土学園パートは笑ってしまった。どのキャラも下天的に糖度は高かったです。ドラマCDなので妄想もはかどりますね~。ちなみに、CD内では「ほたる」と名前で呼んでいます。無印の後日談CDでは名前を使用せず展開していたので、作品内でも変化が出てきていますね。

 

 2. 琥狗ハヤテ描き下ろしコミック入り スペシャル図録

コミックが14p、1Pの4コマ漫画が7本収録されています。あと追加スチルとコネクトチャームのラフスケッチです。琥狗先生のまんがはショートギャグでオールキャラ。4コマ可愛かった~ラフスケッチはメモリアルブックのゲーム内スチルと比べてみると、細々した違いを発見できる。官兵衛スチルでのほたるのスタイルの良さは、琥狗先生のラフからだった模様。本文32pでハードカバー。もうちょっとだけページがあったら嬉しかったけれど、琥狗先生のまんがが読めて満足でした。

 

 3.おやすみコネクトチャーム(10種)

可愛い~! 思っていたよりしっかりとした作りでした。真ん中に早期特典のほたるをはめ込める仕様になっているので、入れておきました。そして、取り外したスポンジはチャームが入っていた袋に入れました。蘭丸が竹につかまっていて可愛い。取りだして使う訳ではありませんが、こういう記念に作られる物って欲しくなってしまいますね。夢灯りのけもみみチャームも大切にしまってあります。

 

4.スペシャルドラマCD「桜見の宴、再演」

約1時間。ドラマ以外にも開演・終演アナウンスやメッセージも入っていて桜見の宴が懐かしいなと、つい浸ってしまう……。歓声が入っているんですけど、これは? ドラマはすべて取りなおされてますね! 電話のやり取りや、ラストでの秀吉と半兵衛の合流など変更や追加があります。イベント不参加の秀吉と半兵衛のメッセージも新たに追加されてるのが嬉しかったです。イベントはDVDにならなかったけど、今回CDになって良かったです!

 

5.下天の華 メモリアルブック ~安土公式設定集~

待望のメモリアルブック! 夢灯りのガイドブックが出なかったので、両兵衛のパーソナルデータは初めて読みました。他のキャラも性格・生い立ち・呼称が追加されて充実しています。スチルがすべて掲載されているのも内容を振り返るのに最適ですね。ラフスケッチなどは無印と夢灯りのトレジャーBOXの資料集が充実していたので、こちらは少なめ。今まで発行された冊子から満遍なく掲載した感じ。罪の華エンドや後日談、シークレットイベントも紹介しています。罪の華に添えられた紹介分からまたいろいろ考察できそうです。こういうのって普通に一般売りしないものなのかね。何かもったいない気もします。

 

6.防水スマホケース「水場の盾」

思っていたよりしっかりしているし、大きい。ケースの中に紙がはいっていて、ビニールがくっつかないようになっているのが地味に嬉しかった。Vitaも入れられそうだね。私は風呂でゲームやスマホは遊ばないので、今のところは使う予定はないけれど、何か別の用途に使えるかも。

 

7.特製 華やぎクリアカード(9種)

ゲームではスチルの作画も担当されているミニワ先生描き下ろしです。ご自身の絵柄でとのことで、全体的にとっても色っぽくつやっぽい素敵なカードです。師匠のイラストがすごく! ……良いです! ちょっと違った一面を見た気分になりました。クリアカードなので、透けていて、光の加減で雰囲気も変わります。ほたるか桔梗も見てみたかったです。きっとすごく色気のある雰囲気になったはず……!