読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

GROUNDLESS 6巻

ひとこと感想

開放軍側についたキャラが予想外でちょっとびっくりした。どこかしらで無意識に偏見をもって見てしまっているのだなと、改めて認識させられた。疫病が蔓延した5年間は大陸側にもいろいろな影響を与えている。6巻では対立側にソフィアに匹敵する……それ以上の怪物・リドリーが登場してソフィアのチート感がかなり薄れたのが面白かった。今後のリドリーの動きに期待。ローサがいっぱしの兵士としてすっかり頑張ってて慣れが怖い。でも相変わらずかわいい。モンドとソフィアがちょっといい感じだったけど、モンドが抱えるものが気になる。カゲリザカ編は終わったけれど、新たな伏線や謎が出てきているなと思います。次は来年の夏かあ。今回の表紙はすごくかっこいいな。