花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

「朝ナニ~六発目~」に行ってきた

19日に木内秀信さんと津田健次郎さんのトークライブ「朝ナニ~六発目~」に行ってきました。

 

小規模のイベントに行くのは初めてだったので、どんなものかと緊張しましたが、何事もなく大変面白かったです。

 

会場のある中目黒といえば、セレブが犬の散歩をしていたり、有名人が犬の散歩をしているお洒落タウンと認識していたのですが(主にテレビからの情報)、駅を出ると居酒屋やラーメン屋が立ち並ぶ界隈。初めての会場で場所も分からないけど、とにかく行ってみようと目的地付近まで歩くと、道路に人がたまっていました。待機場所がないんですね。入り口が分かりにくいのもあって、人だまりが目印のようになり、ちょっとありがたかった。チケットとともに送られてきた案内によると、外階段に整理番号順に並んでくださいとあり、私の番号は後方だったので、とりあえず上ってみる。すると、降りてきた女性が「何番ですか?」と声をかけてくれました。自分の番号を告げると「もう少し上だと思いますよ」と親切に教えてくれ、私も列の人に聞いたり聞かれたりしつつ、自分の場所を見つけて待機。スムーズにどんどん列ができていきます。開場すると入り口でドリンク代を支払い、カードをもらう。ドリンク券か~ペットボトルかな?と思ってたんですけど、スペース後方にカウンターがあり、一杯ずつスタッフさんが作っている……!列に並ぶとメニューが回ってくる。お酒もあるし、結構注文している人がいる。私もビールをのみながら開演を待ちました。ジュースにするか迷いましたが、飲まないと精神が持たない気がしたからです(ダメ人間)。

 

狭い会場に立ち見が出る盛況ぶり。木内さんと津田さんがほんと間近でクラッとしました。木内さんは声優活動以外のぶぶんは全然知らなかったもので、あまりの面白さに達者な方なのだなと驚きました。距離が近いのもあって、客側への問いかけも多いし質問も投げかけてくれるし、それに対して答えられる人が発言して(皆さん面白い)、お二人のトークがどんどん進んでいく。始めからずっと笑いっぱなしで楽しかった! 立ち見の人たちに「屈伸してね」って2回くらい声をかけていたんだけど、これまでは立ち見はなかったのかな? 眼鏡はいらないかな~って思ってましたが、持っていって良かったです。はあ。津田さんが本当にかっこ良かった。あーーー!

 

今回はチケットが取れなかったと言われていたことに、木内さんがツッコまれていてました。「一人で何枚も申し込まないで一人一回で」ってはなしていましたが、最終目標は東京ドームみたいなので次は会場を大きくしてもいいのかな? と思いました。前回は違う会場だったみたいだし。でも、会場が大きくなると狭い会場での一体感はなくなりますね。難しいところだ。お客さんの年齢層は結構ばらばらな感じ。若い人もいれば、長くファンをやっているのかなという感じの方まで見受けられました。同人誌即売会やゲームイベントと違ってほんと落ち着いた感じ。奇声を発する人もいなかったし(舞台夢灯りでさえ遭遇しましたからね……)。声優さんのイベントの客層はちがうのかな? 少人数で小規模スペースでのイベントだけど1人参加の方も結構いるし、お客さん同士が声をかけあって列を作ったり席を探したりで、まったり居心地のいいイベントでした。私は1公演だけの参加でしたが、確かにこれは3回とも見たいね!! 友達と協力し合って取る人の気持ちも分かるよ。でも、見られる人がたくさんいた方がいいかなとも思うしで、いろいろ考えてしまうね。次回は秋か冬とのことで、チケットが取れたらまた行きたいです。