読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

何だかやるせない

先週、とある声優さんのトークショーの先行抽選に当選しました。と、あえて声優さんの名前をぼかしておきます。無意味だが。いやはや、前からかっこいい方だなって思ってたし、Twitterも見に行っていたし、ぼんやりと追ってはいたんですけど……。サイトやブログがほぼ更新されなくなっているので、Twitterを拝見しているのですが「呟きの形式」がある感じで、たまに雑談を書いてくれての、基本はお知らせというスタイルが見やすく、優しい人柄も表れていて、とても好きです。ずっと前から知ってたのに、何でその時々で「ファン」になれなかったんだろう。「テレビに出ていたのを何となく見るだけじゃなくて録画もできた(某レストラン)」とか、「舞台を見にいけた」とか、今になってじわじわ後悔したりもするわけです。でも、何かがきっかけでスイッチが入るというか、頭が切り替わる瞬間があって……それが今だったのだろう。タイミングってあるよね。悔やんでもしょうがないから、これから応援していきたいと思いつつも、でも、今ここにドラえもんがいてくれたら泣きついてフル活用する! あ、あいつ子守ロボットだからいい大人のオタク女のところに来ねーよバーカバーカ! (河井克夫の「猫と負け犬」のほうならワンチャンあるかもしれない)

トークショーは定期的に行われているようで、一日3回公演なのですが、そのうちお一人様、一公演2枚まで申し込めました。私はそのうち一回を選び、一枚を申し込みました。当たったら行きたいなくらいの感じでしたが、無事に当選メールが着ました。うれしい。落選者にはメールがこないとのことで、Twitter検索で反応を見てみました(いつもの行動)。当たった人の喜びや外れた人の落ち込みが同時に流れてくるのがTwitterの真骨頂です。先日、キャンセルの繰り上げ当選発表があり、やはり検索すると当たった人と外れた人の……しかしだ。1枚も取れていない人がいる一方で、3回全部行く人がちらほらいるんだ。『申し込みは一人一公演、複数の申し込みは無効。必ず振り込める人のみ。前回当選したにもかかわらず振り込まなかった人は今回申し込めない。』これが申し込む際の注意書きなんだけどさ。友人が取れたから自分の分は譲渡って人もいるし、皆で協力してとって全部行ける人もいるわけで、別に不正をしたりルールを無視して取ってわけじゃないんだろうけど、やるせないのはなんでだろうか。何公演もあればいいと思うけど、小さなホールで3回しかないトークショーなんだぜ……。DVDにならないから必死何だろうけどさ。ここまで書いてて思ったが、ごめんなさい。私のただのいちゃもん範囲な気もします……が。

それにしても、最近のチケットの申し込み方がひどくなってる気がする。Twitterで結託して取れるだけ取ってわけあってて。一人分申し込むんじゃななくて枚数の上限だけ申しこんで、取れてから一緒に行く人を探したり譲渡サイトやTwitterで流したり。「外れたらしょうがない。他のファンが楽しんでくれたらうれしい。」という感じで、譲りあいの精神と思ってる人が馬鹿を見ているのなら嫌なことです。自分たちさえ良ければ構わない人が「可視化」されたのが本当にきついですね。昔からそういうコミュニティはあっただろうし、いたんだろうけど、見えなかったからさ。え? お前はわざわざ見にいってるって? そうですね。何かあるたびにTwitter検索をして文句を言っている私は最悪ですね。性格が悪いですね。ああ!!悪いさ!! 一緒に行ってくれる、申し込みの名義貸しをしてくれる友達もいないさ!! 好きなだけ笑ったらいいよ。ふふ。何でも垂れ流しだから、Twitterって瞬間風速的な反応を見るのには適してますね。

でもさ、人気公演なら、ほんの少しだけ気遣いがあっても良かったんじゃないかなと思います。

※15分くらいで書きました。

※トークショー、とても楽しみです!

※10数年ぶりくらいにJUNONを買いました♡