読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

「椿町ロンリープラネット」が可愛くて仕方がない!

椿町ロンリープラネット 1 (マーガレットコミックス)

椿町ロンリープラネット 1 (マーガレットコミックス)

 

最近、心がすさんでいるので、ほのぼの可愛い少女漫画が読みたいなと、Amazonで検索しレビューをさっと確認して買ってみました。ドンピシャで好みでした……!小説家と女子高生の年の差かつ、同居生活まんがです。現在は3巻まで出ています。あらすじはこんな感じです。 

  • 主人公の大野ふみは高校2年生の女の子。母とは死別しており、父との2人暮らし。お金はないけれど、節約をしながら日々を過ごしていましたが、父が借金を作ってしまいました……。マグロ漁船で働くことになった父と別れ、ふみはツテを頼り、とある作家の住み込み家政婦をすることに。時代小説を執筆する「木曳野暁」という名前に、おじいさんをイメージしていたふみでしたが、目の前に現れたのは目つきも態度も悪い、若い男性。 さて、ふみと暁の同居生活はどうなるのでしょうか。

ふみは家計のひもを握り、家事もこなしてきた女の子なので、基本しっかりしているんだけど普段はおっとりしてい、てちょっと無防備というか、周りの大人に頼る選択肢が頭にない感じ。危機管理がなっちゃないと、暁が気にかけたりするんだけど、はっきり言うし行動するから、それがふみの心を揺さぶる。小説を書くことに真面目で、武士言葉で話す暁に意識し始めて一喜一憂するふみがとても可愛い!友人の洋ちゃんが「甘々と稲妻」のしのぶに似ているな。口は少し悪いけど、友達想いで相談にもマメに乗ってくれるところとか。どちらも可愛いから良いんですけどね~。一心とは何かあるかな!?と期待したのに、恋バナもできる良い友達になってしまったのには笑ってしまった。お互いの家庭環境も影響しているんだろうけどね。でも、この作品ではそれが良いのかもしれません。

ロンプラ(と、略すようです)は、ふみと暁を中心にいろんな人たちを取り巻くマンガで、いまのところ悪人もいなくて安心して読めるのが良いです、本当に。2人のやり取りに一人悶えてキュンとします。ちょっとずつ距離が縮まって、ふみが自分の気持ちに気が付いて……あ~っ!進展するのかな。まだ暁が「家政婦の女子高生」としか認識しておらず、根は真面目な人なので保護者的な側面もありつつ、ほのぼのとした同居関係がえがかれているのですが、「一人の女性」として意識をし始める日が来るのでしょうか。ふみのことを「娘」って呼ぶのですが、いつ名前を口にするのかしら……!楽しみでなりません!!!

昨今、少女漫画の実写化が多く、そこそこヒットはするけれど邪険にされているのもひしひしと伝わるのが辛いです。少女漫画の独特の空気感って、映像化には向いていないと思うんですよ、個人的には。賑やかで楽しいタイプに作品もあるけれど、淡々と少しずつ距離を縮めていく作品も多いし、やっぱり学園ものが多いから似たり寄ったりに見えがちですし。 この作品はアニメ化も映画化もしてほしくないな、と思っています(期待している人がいたらごめん!)。とことん、漫画で読んで楽しんで味わいたい作品です。絵も少女漫画らしく、女の子は可愛いし男の子がかっこいいという王道な絵柄。画面構成も好みだし、とても好きです。3巻の表紙がほんと可愛い~。

4巻では、同居生活がはじまって、初めて訪れる夏……夏休みの話とのことで、ますます楽しみです!旅行にいくみたい?