花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

「犬マユゲでいこう」に掲載されてました

うっかり取り上げるのを忘れていたのですが、Vジャンプ2013年8月号の「犬マユゲでいこう」に下天の華が取り上げられていました。2年以上前って…でも、乙女ゲーム界隈ではない、エッセイまんがの題材にしてもらえるなんて珍しいですよね。

 

こんな感じで6ページ。 小学生男子が読む雑誌なので「乙女ちっくビジュアルノベル」と表現されるなど、かみ砕いて分かりやすく紹介されてるんだけど、基本的に突っ込みが鋭く軽快で笑えます。紹介部分は石塚先生ベースのほたるなので眼鏡をかけているのが可愛い。姫姿も見たかったぞ!石塚先生は百地が好みだったようで、熱い想いがコマの間に書かれています。

Vジャンプは久々に買ったのですが、漫画が多めになっていたけど雰囲気が全然変わってなくて懐かしかったです。私が時々買ってた頃はリューナイトしか載ってなかったわ…。大作ゲームが発売すると、それに合わせて増刊号が出ていて石塚先生もイラストを描かれていましたよね。捨てなきゃ良かったなあ。クリアしたら処分してた…。

発売中の最新刊に収録されているみたいです(下にリンクしました)。切り抜きのみだと保管に不安だから、あとで買おうと思います。昔、Vジャンプで石塚先生の食べ歩きカラーまんがが載っていて、何でだろうと思いつつも凄く好きでボロボロになるまで読み返していました。そういうのは今は描いていないのかなー。

 下天もそろそろメモリアルブックとか設定資料集が欲しいんですけど…。

これは夢灯り発表時、雑誌用に琥狗ハヤテ先生が描き下ろしたイラストなのですが、こういうのもまとめてくれないかな(文字は私がいれました)。あえてモノクロでまとめたとのことで、とてもカッコいい~半兵衛もゲーム内だと可愛らしさが際立ってしまっているのですが、琥狗先生の作画だと中性的な男性って感じがしますね。桔梗姫も愁いのある艶めかしさがあって好き!初め見たときは「あれ?師匠いないじゃん?」って思ったんですけど忍びすぎ!!イラストそのものは顔のあたりだけカットしたので、もっと大きいです。雑誌のサイズに合わせて2つ折りなので光秀の顔がぎりぎり折れているのが悲しい…。確か別のイラストレーターさんが描いたものもあるし(自分は所持していないです…)。掲載されたり配布されたら何とかゲットしておかないと、のちのち確認もできないですね。常にアンテナを張っておかないと。とりあえずメモリアルブックを出してほしい!

【追記】 上記のイラストと、別のイラストレーターさんが描いたイラストは夢灯り発売時の店舗別特典にありました(サイトから確認できます)。すみません!お詫びして訂正します。