花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

舞台版のDVDを見たよ!

DVDを見たので感想を書くよ~ (あとで追記するかもしれません)

※この記事にはDVD本編・特典映像に関するネタバレがあります。 5月に見に行ってきた感想などはこちらの記事からどうぞ(興奮のあまり勢いで書いています…) ・舞台「下天の華」を見てきた舞台の話をもう少し

  くまだ先生のイラストが可愛いので思わず貼ってしまった…!

無事にDVDになって良かったです。イベント2つとも映像化してもらえなかったからね…。 カンフェティの先行予約時の補足説明で14日が撮影日とあったと思うのですが、カテコが前楽でしたね。ところどころ別の日が入っているのかなと思いました。演出のキタムラさんが編集されたようですし、話しているキャストよりそれを聞いているキャストが映ることが多かったように感じました。そのシーンでメインで話しているキャストの脇で演技をしているキャストは映ってないわけで、それが見たかった時には…舞台だからしょうがないのですが、ちょっと残念でした(ちょっと後述あり)。

キャラのアップが結構多くて、表情がとても良く見えて良いですね!信長と桔梗が干し柿を食べるところとか、秀吉のウインクとかよく分かる!桔梗の衣装の柄とか、蘭丸の髪の毛とかライトに当たると信行の衣装が茶色く見えるなとか、表情や仕草など細かなところにも目がいきますね。見に行っていたときには話が流れていくのを追うことに集中していたので、止めたりコマ送りにしたり、細部までチェックできるのが楽しい!クライマックスの本能寺で舞台セットが変化するのですが、そのあたりはあまりよく映ってなかったかも…。ストーリー上、夜だったり蛍見の宴だったり壇上を暗くする演出も多めで、撮影も大変だったのかな~。OPの映像も編集されてましたね!本編の流れで見られるのが良いですね~すごく好きです。

敵は本能寺にあり」からのクライマックスがやっぱり好きで、再び見ることができて一人感動していました。あーもうこの舞台、本当に大好き!ゲームのセリフもいろいろ使われていますが、改めて見直してみて全体の構成や流れはコミカライズに近いなと思いました。特に桔梗が蛙を手に取るシーンなんかはコミカライズですね!!漫画版も好きなので、こちらの雰囲気もあっていいですね。見直すと、新しい発見もできてやはりDVDで見られるというのは本当にいいことだなと思いました(イベントへの当てつけ)。

舞台のメモ!公演中も体調のことをよくツイートされてましたね。 キタムラさんに下天を手掛けてもらえてよかったなーって思ってます!

ここから特典映像の話です。

収録されていたもの ・マルチシーン(秀吉・家康) ・メイキング映像 ・スペシャル座談会

14日のトークショーは入ってませんでした。 ガーン!!!!!!!!マジか…撮影予定とはあったけど…無理してでも行けばよかった…。DVDで客席も意外と映ってなかったし。もう半年前に終わってますけどね!残念!

 

・マルチシーン 念願の!マルチシーンです!その部分だけを見られるのかなと思っていたのですが、ちゃんとクライマックスの入りからあって、マルチシーンまでの流れで見られました!これはよい編集!しかも、本編とは違ったアングルからの映像にもなっていて「敵は本能寺にあり」も横から見られたり!このシーン、セリフを言っている光秀の後ろでほたるが演技に入っているんですよね。それがすごく好きだったので、密かに嬉しかった。ここは短めのシーンなので、マルチの感想は割愛しておきます…お二人ともかっこよかったです!!

あと、メニューの表示が「豊臣秀吉」になっていたんですけど…羽柴!羽柴だよ!!はしばー!!イベントに引き続き、またしても間違いが…どうしてこんなに間違われてしまうのか…!!こういうのって一応連絡しておいたほうがいいのかな…。

・メイキング映像 稽古場の風景から公演中の楽屋裏が見られます。蘭丸の靴が脱げたところがあって声に出して笑ってしまったwww和気あいあいとしてて楽しい風景が多くていいですね。本編で見られなかったシーンが稽古の中にありました。七介の正体が分かって動揺している蘭丸のところです。ここが好きで、信長とほたるを横目でみながら蘭丸と秀吉を見てました。キタムラさんの演技指導やキャストさん達の素顔が見られたり、下天お芝居ができていくのが分かります。おお~公演中の裏側もあって、大千秋楽のカテコがちょっぴりあったりして、懐かしかったです。最後にほたると秀吉が一緒にカメラに映ってたのが個人的に嬉しかったり…!  

スペシャル座談会 オトメディアに掲載された記事の座談会を映像で見られます。これが一番長くて1時間くらいあったかな。対談の文章を読み比べながら見ると面白いかも!記事になっていないことも話してくれていたり、身振り手振り笑ったり盛り上がったりなので、ただ対談記事を読むのとかなり違う印象でした。小笠原さんが信長のキャラとのギャップが凄くて、思わず笑ってしまう。対談読んだ時も思ったんですが、キャラクターやストーリーについていろいろ考えて演じてくれているのが分かるのっていいですね。高橋さんが語りっぷりが凄いけどww(とても嬉しいです!)最後にキャストの方々から「続編」ってはっきり言ってもらえたのが、凄く嬉しかったです!!夢灯り…夢灯りが見たいなあ!同じキャストの皆さんで!キタムラさんが引退されてしまったので(休業?)そのままという訳にはいかないかもですが…。美咲さんのほたるがとても可愛らしくて好きなので、また演じてもらいたいです。乙女ゲームだし男性キャストの方たちに目が行きがちですが、ほたるちゃん本当にかわいいよね。桔梗姫を見たとき、とても嬉しかったもの。可愛いーって一人盛り上がってた思い出。もちろん、男性キャストもそのままで続編…と、心の中で無限ループになってます。

 

=================================================

本編も特典映像もとても楽しかったです! DVDで見られるって、本当にいいよね!!何回でも言ってやるぞ…DVD最高!

また2.5次元でも何か展開してくれたらいいな、と思います。 密かに期待しつつ、こちらも応援したい!