読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

適当に国盗りしてます日記 第3回~川中島の戦いはじめました~

桶狭間の戦い」をクリアしたら「川中島の戦い」のシナリオを遊べるようになりました。武田家と上杉家と迷ってたのですが、武田家の目標が「上洛」なのに対して上杉家は「武田家滅亡」と書かれていて2度見しました。そんなはっきり言っちゃうんだ!?そんなわけで、上杉家で川中島の戦いをスタートしました。今回は普通でプレイ中です。

前回の桶狭間の戦いが終盤にかけて簡単になりすぎて、少しだらけてしまったので難易度を上げました。遊び方もシステムも内政も全部理解できたつもりなので、今のところは詰まることもなく順調に領土を広げています。でもやさしいより進行ペースはゆっくりで、内政も時間をかけながらやっています。織田家の内政は後半になるほど雑になっていった。開始して早々に在野のスカウトで慶次がやってきた。前回も早いうちに来てくれている。この人は本当にぶらぶらしてるんだな。さっそく謙信が水風呂に入れられてて吹いた。綾様の血管が切れたら慶次のせいだ。景勝が元服したら上杉家に加わってくれるのかな?兼続も上杉家にきてくれるのかな。わしはこんなとこ きとうはなかった!

伊達家を吸収したところで、東北から関東にかけてまったり侵攻中。久保って女性がいて苗字か…?って思ってゲーム内の辞典やウィキペディアで調べたら、伊達晴宗の正室なのだそうだ。政宗のおばあちゃんですね。とても美人で有名な女性で、ほかの人のところに嫁ぐ予定だったのに晴宗さんは輿入れの行列を襲撃して自分の奥さんにしちゃったって書いてある。しかも仲もよくて子宝に恵まれて側室もいなかったみたいだし、何これ。どこのハーレクインだよ…すごいな。脳内妄想上映会が開始しそうです。久保姫は現在、わが上杉家で活躍しています。

 

エディット武将紹介のコーナー

ゲームを始める前に、自分で武将を作成してみました。シナリオにも登場してイベントにも出てくるし、とても楽しいです。迷ったのですが、ゲーム画面があったほうが分かりやすいと思って、スマホで取りました(Vitaにキャプション機能あるのに)。自己満足100%のキャラ設定なので、興味のない方は飛ばしてください。 ※怒られたらこの記事は消えます

 

武将は男女一人ずつ作りました。

女性は「藤林ほたる」 …下天のほたるですね。グラマーをベースに体は細く胸は大きくしました。ほたるって忍び装束のイラストだとわかりにくいかもしれませんが、学パロの姿を見るとすごくグラマーなのが分かるんですよ。忍びに向いていない体系。そのあたり割とベース。でも、まつのような極端な巨乳にはならなかったので、まつはベースが違うのかも。武器は迷った末の双剣。親武将は信長で相性がいいのは高虎。忍びなので俊敏さを高めにしてみました。なんだか整形したような鼻筋になっているので後で直すかもしれない。いっぱしの忍びとして第一線でバリバリ活躍する姿をイメージしながら作りましたので、自分の好みをガッツリと反映させたキャラになってしまいました。織田家では信長の元でバリバリ働いていましたが、上杉家では慶次と良い仲になりつつあります…!

男性は「百地尚光」 師匠!!!これまた下天から拝借してしまいました。 筋肉質を気持ち細めにした体形です。服装は真っ黒にしたかったのですが、黒を選ぶと差し色で赤が入ってしまうのだよ…。仮面もこれしかなかったから天狗だよ。元の姿に近づけようとしてもなかなか上手くいかない。もうよく分からない。声は冷静を一番低くしました。ていうか師匠の声って混沌さんじゃね…?武器は半蔵のをお借りしました。体術の鍛錬を欠かさない百地なので、直虎ちゃんのモーションにしてみたら気持ちが悪いことになったので中止した。相性がいいのも半蔵。親武将は誰に下のか忘れてしまった…織田家では中盤ごろにやってきたが、上杉家には今のところ来る気配はなし。どこにいるんですか、師匠。

ちゃんと中の顔も作りましたよ。 元に近いヒゲがこれしかなかった…とても黒々している!

 

2人とも後で直そうと思います。キャラ設定って難しい!