読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

舞台の記事とかインタビューとか

舞台版 下天

最近、2.5次元の舞台がとても多いですね。専門誌も増えたけど、取り上げられている作品は同じものばかりで、少しでもいいからどこか載せてくれないかなーと思っていました。公演後、公式ツイッターでインタビューや記事の掲載情報が出て、とても嬉しくて指折り数えて待っていました。終わってから雑誌の掲載があるってことは評判も良かったのかな~と独りニヤリとしつつ、対談記事が楽しくて交互に読んでいます。どの本も1000円以上するのですが、良かったら手に取ってみてください~。どちらの対談でも続編や再演があったら…という話もしているので、実現すると良いなと思います。

 

買うのに緊張しました。わー!オールカラーでポスターやら綴じ込み付録やら盛りだくさんで、下天以外アニメやゲームでした。元々アニメディアがあるので、こちらはざっくりとした女性向け総合誌なのかと思っていました。それにしても今って本当に作品数あるよね…まじまじと見ちゃったんだけど、全然覚えきれないよ。何年経っても「国の擬人化」以上の情報が頭に入ってこないヘタリアが表紙と特集だった。確かこれも舞台になるんだっけ。大丈夫かのか?内容的に…。

下天の記事は4ページ。 秀吉役の高橋さん・家康役の小林さん・蘭丸役の横山さんの対談と、信長役の小笠原さん・光秀役の川嵜さん・信行役の福山さんのコメント。

対談で役作りの話が出ていて、お三方それぞれ違っていて興味深かったのですが、小林さんが「家康に会いに行く任務が達成できずにゲームオーバーになってしまう」のくだりで吹いてしまった…!そうなの!?役者さんや殺陣衆の方達が公演前にゲームをプレイしたりまんがを読んでくれているのは知ってたけど、そこからどんな風に役作りをしたかというのを具体的に読めてうれしかったし、終わってからの対談というのもあり思い出話や舞台の裏話もあって楽しかったです。舞台を見ていた時、蘭丸は噛み気味だなと思ってたんだけどやっぱりそうだったみたい…ww横山さんが対談の中でずっと「信長さま」って言ってるのが印象的でした。高橋さんが上手く説明してくれていたり横山さんがお茶目だったり小林さんの家康の印象とかとても好きな対談でした。こちらの対談のみお三方の演じたキャラの印象などの話も別にあります。ステミュの方は無かったのです。読みたかったなあ。

 

オトメディアステミュ (Gakken Mook)

オトメディアステミュ (Gakken Mook)

 

こちらはオトメディアの2.5次元専門誌です。Vol.1と銘打ってあるので、今後も刊行予定があるのかなと思います。アンケートに電話取材できるか否かの項目があったし。ピンナップがたくさん付いていて、紙面もアイドル雑誌のようでした。パラパラめくっていて、ちょっと恥ずかしかった…。公演前の作品も多いため、どの作品も役者さん達はイケメンだけど私服なので実際舞台の衣装を着用したらどんな感じになるのかあまり想像できなかった(逆に下天を知らない方が記事を見たら同じ感想だと思いますが)。それは行ってみてのお楽しみってことなのかな~ペダルとか定期公演のような感じになっている作品は調べればビジュアルが分かるしね。ピンナップ結構ギチギチなので破きそうになりました…私が不器用なだけかもですが気を付けて!!

 

下天の記事は6ページ。 こちらは、信長役の小笠原さん・光秀役の川嵜さん・信行役の福山さんの対談と、秀吉役の高橋さん・家康役の小林さん・蘭丸役の横山さんのコメント。舞台レポートとレポイラスト。マルチシーンとカーテンコールの一覧表とDVDのお知らせ。ピンナップもあります。

福山さん、やっぱり変わっていて面白いお方だな…!ゲームのキャラの動きとかちゃんと見てくれているんだな~前にラジオを聴いた時も思ったんだけど、川嵜さんの光秀のキャラの捉え方が好きです。役者さんたちがゲームのキャラを舞台で表現するには…とかいろいろ考えてくれているのが分かるって良いですね。小笠原さん、ご自身のことをシャイだと仰っていてカテコのあいさつでもそうだったなあと、思い出してほのぼのしました。挨拶の時すごく照れちゃってて、信長が可愛いとわ…と思ってしまったものです…!コメントで小林さんと横山さんがオーディションについて話しているのですが、高橋さんは「秀吉役が決まらなかった時に呼んでもらった」とあったので、オーディションでは決まらなかったのかな、秀吉役は…?何はともあれ高橋さんの秀吉はとてもかっこ良かったので良き判断だったのでしょうね…!でへへ。

写真とイラストのレポートがあって、イラストのレポが細かく丁寧に描かれているので良いですね!イラストも可愛い~。写真と合わせてみるとより一層舞台の内容がつかめますね。公式ツイッターでレポ漫画があると見た時、一人で勝手に不安を覚えていました。というのも、去年の公式イラコンで大賞と取ったプロの人が描いたらどうしようかと思ったからです。一ファンとして参加のはずが結局仕事に繋がったんだ…っていうのは見たくなかったんですよ。結局のところは下天のレポは違う方でしたが、無双の方で描いていましたね。うーん、何だかなあ。これは私の勝手な意見です。すみません。

あと、カテコとマルチの一覧表が付いていたことが秘かに嬉しかったです。意外と秀吉と家康の日はあったんですね…私は兄様祭りでしたからね!!DVDのお知らせも載っていました。本編と特典の2枚組だそうです~小笠原さんのツイッターによると今回の取材風景も特典に入るようで嬉しいです!通販のお知らせもそろそろ出ると思うので公式サイトに行ってみてください!ツイッターの方が早いかもですね。DVD楽しみだな~。舞台に行けなかったけど、いろいろな記事が読みたいという方にはステミュがおススメかもです。対談からレポまで万遍なくいろいろ読めます。  

コスプレ専門誌なんだけど、後ろの方に舞台のレポが載っています。「下天の華」と「戦国無双」と「薄桜鬼黎明録」が各2ページずつ。どの作品もストーリー順に写真が並べてあり、舞台を見ていない人にも分かりやすい記事になっていて、とても良かったです!ラストシーンの写真がバーンと載っていたりします。雑誌のサイズは小さめだけど、写真は大きめで、舞台の雰囲気が分かりやすいのではなかろうか。2ページなんだけど、しっかりしたレポートになっています。3誌の内で一番初めに発売したこともあり、迷わず買ってしまいました。コスプレの本なのでレイヤーさんで舞台もお好きな方は良いのではないでしょうか。遙かのコスプレメイクの仕方が載っているのでコーエーが結構かかわっている雑誌なのかなと勘ぐってみたり…ふむ。あと薄桜鬼の主人公くんって喉を斬られた後どうなるんだろうか…。見てないんだけど、ちょっと気になってしまう構成の記事でした。