花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

バラエティCDの夢結びを聴いてみた

 下天の華のバラエティCDということで、とても楽しみにしていました!ドラマCDとキャラソンCDの2枚組です。ドラマパートでは夢灯りミニドラマ4本、攻略キャラ9人のメッセージ「2人きりの七夕の夜」、安土学園ドラマ、最後にキャストさん達のコメント。キャラソンは信長・光秀・秀吉の新曲と夢灯りでの半兵衛・官兵衛のキャラソン、イベントテーマソングを聴くことが出来ます。

とっても楽しくて、夢灯りをプレイした方におススメのCDです。夢灯りは無印の続編の位置づけなので、これから下天の華が展開していくとしたら、夢灯り準拠になっていくのかな~。両兵衛もいるしね。

 

ここからはネタバレ込みの感想です。

 

ミニドラマ「花鳥風月」01~04

夢灯り本編中かな?ほたるが武将達とかなり縁を深めてるのだなという印象です。4本あってひとつ6:30から7:30くらい。

01「花を愛でる」 信長と光秀の静かな牽制が艶っぽくっていいですね。上手くかわそうとしてる半兵衛に対して、果敢に挑む官兵衛…お前のガッツは凄いな。両兵衛がいなくなったらストレートに言い合うのも面白い。信長と光秀は独白的なものは感じられなかったなあ。ほたるを花に例えているけれど、それぞれのイメージが違っていて、4つの内ではまったりした印象。

02「鳥獣と戯れる」 家康の天然暴走気味なのが可愛くておかしい。たぬき食べるんかい!!蘭丸も蛙が苦手なのが克服できてないのが…いや蘭丸の個性にまで昇華している気がしますがww信長も作中で行っていますが、蘭丸と家康のコンビもなかなか面白いです。年少組は割と周りに見守られている感じがして微笑ましいです。夢灯りなこともあって、家康が前向きだなあ。

03「風の吹くまま」 信行様のおやつって干し柿ばっかりですね!信行がほたるのことを「良く通ってくる。休めばいいものを」と言っていて、皆のところに万遍なく通ってんなら、そりゃ大変だなと思う。でも無性に会いたいって思ってて病み属性相変わらずだなあ…一緒に空に飛びたいってセリフにぐっとくる。師匠の独白を聴いてて、ほたるとずっと一緒じゃなくて空白期間がある年の差は良いなと思いました…。会えない間にお互いいろいろあって、自分は老けたけど、ほたるは綺麗な女の子になってたわけだから…萌えるな!

04「月を望む」 「ちょっとそれ、酷くない?」って言い方が秀吉っぽくない気もする…けど、半兵衛のツッコミが追い付かなくて大変だなと思ったwww官兵衛のキャラがだいぶ面白い方になってきた気がします。姫が好きなことを全然隠しもしないのな。まあ、こういうCDにそんなこと言うのも野暮なんですが、全然寡黙じゃないし、CDだから喋らないといけないのは辛いね。家康と蘭丸がここでも炸裂してて面白い。

 

愛のメッセージ「2人きりの七夕の夜」05~13

1人2:30から3:30くらい。七夕の夜と一口に行っても場所や状況が違っているのと、エンディング後のようで家康や蘭丸も積極的でたまらんです。なので、信長や光秀、官兵衛はさらに甘めな感じです。あと師匠のはほたるが頑張ってんなって思ったけど最後の最後にやられた…わー!!一人一人は短めだけど、ぎゅーと凝縮した内容なので、具体的なネタバレは避けておきます。どのキャラのメッセージも素敵なのですが、信行のシチュエーションにはちょっと笑ってしまった。彼ならではって感じだ。半兵衛も同じなんだけど、信行と違う話になってるから良いですね~感心してしまったし、夢灯りの終わりより踏み込んでていい感じ。私は秀吉が2度聴いてくるところがとても好きです。七夕の夜の逢瀬…ってだけではなく、キャラたちが織姫と彦星の話をどう捉えているかの違いも興味深かったです。

ミニドラマ特別編「安土学園スイーツ部」14

時間は8分ちょっと。ちょびちょび続く安土学園、今回はかしわ餅をつくって全校生徒に配ることになりました。元々、光秀先生は学園で起こる不可解な事件を解決するためにほたるを雇ったはずなのですが、回を重ねるたびにスイーツを作って食べるという方向にしか進んでいないwww家康が「森君」「羽柴先輩」と呼んでいて呼び方も違うのが面白いですね。和食研究部もしっかり活動しているし、もうちょっと聴きたかった…!!そして、去年のイベントでのお花見話が恋しくなった!!何でDVDにならなかったんだろう…ぎりぎり。あれもう一回みたいんだけど…スイーツ部は何を作ってたんだっけ…あれあれ。安土学園もこうやって続いていくと良いなあと思います!!蘭丸は苦手なもので話作られてて大変だなあww織田兄弟のもめごと?に巻き込まれてんな…この学園。

「キャストコメント」15

出演者の皆さんの一言コメントを夢結びにちなんで「夢○○」の丸の部分を考えてもらって話してもらっているのですが、これ一つどうしても言いたいことがある…。家康の身長が間違ってしまっているという…。家康役の小野さんが「夢180cm」と言ってしまっているのです…あああああああああ!たぶん大きくてキリの良い数字と覚えていたのかな…周りのスタッフとか誰か気がつかなかったの!!!正しくは190cmです…。キャストさんによって温度差があるコメントだなと思いました…プロテインで終わるのはどうなのかなと思いましたwwどんな順番で取ったのか分からないけど、最初に松風さんが「夢新作」と言っているので後の方になるほど大変だったかもしれないけど、ほんと新作欲しいですよね…天下統一しようぜ!

 

2枚目はキャラクターソングということで、信長・光秀・秀吉の新曲を楽しみにしていました!3人しかなかったのって予算の都合なのかな…?寂しい限りです。夢灯りをイメージした感じの歌詞でとても良いです。でも曲調が似てるかなあ~アップテンポな感じで。あと、個人的な感想だけど単にキャラソン聴くのが恥ずかしくて悶えます…。ゲームで初めて聴いた時笑ったもん…無事にクリアしてさてエンドロールって時に秀吉のキャラソンが流れて「えええええ!?」ってなった思い出。2人目からはそういうゲームねって心構えができたものです。イベントで聴いたり、ゲーム画面を見ながら聴いていたので、いきなりCDで聴くのはドキドキしました。もうすっかり聴きまくってますが、信長の曲が一番好きだな~。 そして、今回は両兵衛のキャラソンもフルで入りました。ゲームで聴ける、夢灯りのCDに入っていたものです。2曲とも大好きなので、新曲ともども聴くと、しっとりとした感じがとても味わい深いです。ちゃんと歌詞カードにCD初出とゲームで流れる旨が書かれているのが良いですね。あとですね~イベントテーマソング「光射す未来へ」が入りました!!蛍見の宴のパンフレットにCDが付いていましたが、一般流通するCDに収録されたことがめでたい!!聴いていると思わずサビのところで手をかざしてしまいます!は~この歌本当に好きだ~イベントだとキャストと共に皆で歌うんだよ~!新曲も両兵衛の曲も聴きたい!イベントテーマソングなんだから、イベントで聴きたいな~またあると良いなあ。その時にはDVDになってほしいし、DVD化の要望も事前に送ろうかな。あるのかな、イベント。

イベントで聴くとまた雰囲気が違って面白いんだよなあ~信行の歌の盛り上がりが最高だった。 アンケートも受け付けているので、あとで送ろうと思います(家康の身長の件も含めて…)。とても楽しいCDでした。ドラマCDもまた出てくれると良いなと思います。毎日楽しく聴いています。しかし下天の華は今までのネオロマの展開と違う感じなので、次に何があるのか全然読めない。舞台化もいきなりでうれしい反面、戸惑いもあったし(結果としては良かったけれども)。今年は舞台のDVDが出るくらいで何もないかなと思ったりもするのですが…どうだろうか。

最後に。歌詞カードがかなり臭いんだけど何なのか…!ケースから出して置いてるんだけど、今のところ臭いは取れません。何かケースも臭い…わー!