花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

コミカライズの3巻が出たよ

下天の華(3) (ARIAコミックス)

下天の華(3) (ARIAコミックス)

 

無事に完結して最終巻の3巻も出ました!

改めて一話から最終話を読むと感慨深いですね。もっと読みたかったし、物足りないな…と思ったりもしちゃったのですが、漫画として綺麗に完結したことは喜ばしい限りです。乙女ゲームらしく信長とハッピーエンドという形を迎えたし、でも、こっそり光秀が失恋した感じなんだけどww光秀がほたるの言動に一喜一憂していたから、何か一悶着あるかと思ったんだけど、何もないまま終わっていった…光秀らしい大人な対応でしたが…兄様~!でも、それが全然嫌味っぽくなくて、ほたると信長もベタベタする感じでもなく、爽やかでこの漫画らしいラストで良かったです。漫画のほたるは優しく少女漫画らしい初々しさもあったので、本能寺での変化がゲームと全く違っていて彼女らしいな、と思いました。あとがきによると、メーカー側からも自由に描いていいとのことだったそうで、漫画は漫画としてうまく機能したんだね。女房に変化しなかったし、地蔵もただ変化しただけと、ストーリーに組み込むのは難しかったのかもしれないけど、ちょっと消化不良なところもあったかなあ(地蔵で枝を折るシーンがあってもゲーム未プレイの読者は戸惑うと思うけどww)。家康も初めからほたるに対しての好感度が高くて、どちらかと言えば夢灯りの方に近く感じました。でも、本能寺の変化や信長の暗殺エピソードなど、漫画ならではのところもあって、繰り返しになるけれど、漫画として本当に毎月読んでいて楽しかったです。終わっちゃって寂しい。3巻は百地が割と出てきて良かったなと思いました。だって前半顔すら出てなかったしww

 今回の口絵は家康です。あと、カバーの折り返しに師匠と子どものほたるのイラストがあります。 可愛い口絵を見て、師匠はカラーで見られなかったな~と思いながら裏表紙側の折り返しを見たので、驚きつつも本当に嬉しかった~。あづち幼稚園もおまけであるのですが、信長と信行の表情と紹介にほろりとさせられました。良かったね!カバーを外したところも抜かりなくイラストとマンガがあるし、隅々まで楽しめます。電子書籍になるとこの辺ってどうなってるのかね?ちなみにあとがきのところで、本編の続きのようなものが見られます。信長が好きな人は見たらいいよ。

終始デコピン漫画だったんだけどwそれも良いキャラ付になって、ストーリーに絡んで本能寺の変まで解決して凄いことになってました。ひたすらカッコいい信長を求めている方には「ええー」ってなるかもしれないけど、ほたるの恋と共に信行との兄弟関係を重点に描かれたとおもうので、織田兄弟が好きな方にはおススメです。光秀が大本命な人にはちょっと辛いかも…。私は秀吉が好きなのもあって、この漫画ではかっこよく活躍してくれたな~とかなり満足ではありました。2巻の口絵も大好き!えへへ。

 

くまだ先生お疲れ様でした。素敵なコミカライズをありがとうございました。いま1巻を見たら裏表紙がくっきり折れた跡があって、ちょっと涙目状態です。いつ付いたんだ!もう一冊買っちゃおうかな?全3巻でコンパクトにまとまっているし、ゲーム未プレイの人にもお勧めです。信長ルートも漫画と違うので、別口として楽しめると思います!個人的にはすごく好きなコミカライズになりました。

これで、下天の華の主だった展開は終了かな。さみしいんだけど今後も何かあると良いな~と期待しつつ、これからも応援していきたいです。