花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

夏の終わりの光栄日和日記

其の壱 コミカライズ版・下天の華の連載が無事に終了した。如何にもコミカライズらしい終わり方だったものの、夢灯り信長ルートみたいなラストだった。デコピンで済ました本能寺の変には目頭が熱くなりました。特別な変化も鳳凰でなくて漫画のほたるらしい感じがしました。何でも変化できちゃうのね、ほたるちゃん。何だか来月からARIA買わなくていいと思うと、ありがたいやら寂しいやら。最終回について書きたいことは山のようにあるけれど、三巻が出たら感想を書こうと思います。

 

其の弐 ここの所、討鬼伝に勤しんでいる。もう少しがんばったら極を買いたいな。やっと石田三成のミタマをゲットしましたぞ!!何だか頼れそうな殿だな。でも「賭」なのね。家康は「防」だしなんだか納得する。タマフリを使うたびに殿が声をかけてくれることに、むせび泣いてしまい、画面の中の私の分身であるモノノフちゃんが吹っ飛んでいても気にしない。だってまた回復したら殿が声をかけてくれるもの!!と書いたけど、今は沖田と土方と近藤でセットしてる。新選組じゃああ!極を買ったら即行吉継のミタマをゲットしたい。六章と七章の単独任務が全くできる気配がない。もう極を買ってもいいか?

 

其の参 先日のカプコンの訴訟のニュースには驚いた。この件について私が語ることは特にないのだが、ひとこと言わせてほしい。無双の小十郎のことを「インテリヤクザ」とか「別のタイプのヤクザ」とかヤクザと呼ぶのを止めろ。やってないで言ってるのも腹が立つけど、遊んでますって公言しているのに言う奴にも怒り爆発。エアプだあああお前らなんか!!今後、小十郎ヤクザ呼ばわりした人はエアプ認定だからな。私が小十郎に「お嬢様」って呼んでもらえることを、どれだけ励みにしていたか分かってんのか!?でも、無双の小十郎ってライトセーバーを振り回して銃をぶっ放してピロピロ笛を吹いて忙しいな。毒を吐く執事のやすきよが見られるのは無双だけ!兼続に「眼鏡の小十郎さん」って言ってもらえるのは無双だけ!でもちょっと操作がカクカクしないか?小十郎って。私も遊んだり読んでいない作品を憶測で話すのは、なるべくしないようにする。なるべく。