花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

物語はラストステージへ 「青空エール」

青空エール 1 (マーガレットコミックス)

青空エール 1 (マーガレットコミックス)

 

最近の少女漫画って長いよね。恋愛が主体の作品はあまり読まなくなってしまったし、そうでなくても長くなりそうな気配を感じた瞬間に冷めてしまうこともある。そんな中、ずっと読み続けている作品がある。別冊マーガレットで連載中の「青空エール」だ。作者は河原和音先生。「俺物語!!」の原作担当もされていて、ストーリーと構成には定評がある漫画家さんだ。  

物語の舞台は北海道、札幌市の白翔(しらと)高校。野球と吹奏楽の名門校…だったけれど、それも昔の話。子どもの頃にテレビで見た甲子園での白翔高校の試合と応援する吹奏楽に憧れ、初心者ながらも吹奏楽部に入部した、小野つばさ。初心者大歓迎と張り紙はしてあっても、名門校なだけあって経験者しかいない環境。下ばかり向いていたつばさだが、野球で甲子園を目指す山田大介と出会い、クラスメイトに励まされ憧れだったトランペットを練習に身を費やす。つばさはとにかく泣き虫。すぐに落ち込むし、投げ出してしまいそうになる。けれどもアルプスでトランペットを吹きたいという夢は、いつしか全国大会*1で「普門館*2」で皆とトランペットを吹きたいという夢へと変化していく。  

おどおどして前向きではなかった、つばさ。でも、トランペットを吹きたいという人一倍強い気持ちが彼女を強く前向きな少女に変えていく。しかし、序盤でその気持ちの強さが災いしてしまう。野球の地区予選で怪我の先輩の代わりに出場した大介だったが、自身のミスで負けてしまう。吹奏楽部の応援で来ていたつばさは、その姿に思わず一人でトランペットを吹いてしまう。ずっと挫けそうだった自分を支えてくれた大介を励ましたかったのだ。でも、その軽率な行動は吹奏楽部の部員たちからの信用を失うことになってしまった。陰口を言われても頑張るつばさ。そして、彼女自身が自覚する。自分は大介が好きだったのだと。ただ、全員がつばさを良く思わなかったわけではなかった。「実は野球部に彼氏がいるから自分も吹きたかった」と声をかけてくれた副部長。少し距離を置きつつも「何で吹いてしまったんだろう?もしかして、つばさはミスした部員を好きだったとか?」と気がつきはじめる1年生部員たち。つばさは思い切って大介に告白するのだが、甲子園を目指す大介は彼女を作るつもりはなかった。振られて落ち込むつばさを1年生部員が、仲間たちが何も言わず楽器を演奏して励ますシーンに思わず涙しそうになった。  

久々に1巻から読み返したんだけど、新たな発見があったりして意外にも時間がかかってしまった。ちなみに10巻までが1年生、11~14巻が2年生、15巻からが3年生編です。真面目で愚直で泣き虫のつばさ、何だけど普通に彼女をよく思わない人たちも登場する。そして、その場面も当たり前のように描写される。つばさ自身が努力して歩み寄ろうとすることもあるけれど、上手くいかなかったりするし、単に良く思われていないだけというのもある(野球部のマネージャーとか別に知り合いでもないから、お互いの印象とか心の内しか出てこない。直接の邂逅はほとんどない)。その筆頭が2年の香織先輩。つばさのことを良く思っていないため、何かにつけて口を出してくる。部活に顔を出さなくなった3年の森先輩を連れ戻したことで、3年生からの絶対的な信頼を得ていたこと、つばさと同学年の水島が2年生を差し置いてトランペットの次期パートリーダーに指名されたことで、さらに大きな亀裂が生じてしまう。水島はきれいな顔のイケメンで地元でもトランペットが上手くて有名だったが、吹奏楽に真摯な分「先輩たち下手だし」とかズバッと言ってしまうタイプなのだ。安っぽいいじめとかそんなのはないんだけど、チクチク牽制をしあうのが続くので、2年生編は結構ハラハラします。トランペットの枠を最後まで今井先輩と争うものの、地区予選はつばさが出場するが全国大会のメンバーは今井先輩が選ばれる。しかし、その全国大会も銅賞に終わり審査結果で「トランペットのユニゾンが合っていない」と酷評されてしまう。そりが合わずギスギスしながらも表面上は同じ目標に向かって頑張っていたが、結局はバラバラだった。3年生を送る会でのスピーチで先輩たちの想いを知る。「もっと素直になれば良かった。だから2年は偉そうにしないで、1年も先輩の話を聞いて」と香織先輩。「小野を見て自分も頑張った。だから小野にかわって出た全国で銅賞でごめん」と今井先輩。先輩たちも悩みながらもトランペットが好きで休まず練習をしていたのだ。はじめて先輩達の心根に触れたのだった。いろんなキャラがいて、それぞれ考えを持っている。だから衝突もするし、分かり合えないこともある。一昔前の安っぽい主人公だけ苛められる展開とか、主人公だけを助けてくれる絶対的王子様ポジションや陥れるために存在するライバルもいない。みながライバルでもあるし、仲間でもある。

 

15巻になり最終学年になったつばさ。大介とも両想いになり、甲子園へ行けたら付き合おうと約束する。吹奏楽部も5人のトランペットが入ってくるんだけど、つばさの努力が意外な形で実を結ぶ。何とつばさに憧れて入部をしてきた初心者がいたのだ。その女の子以外は皆経験者。頑張らなくてはメンバーに選ばれない。しかし、合宿で一年生が「つばさ先輩はいい人だけど楽器はたいしたことない」と言われていたのを聞いてしまう。つばさ自身、さんざん言われてきたことであったが、一緒に友達も聞いていたため他のメンバーが一年生を呼びだしてしまう。その時つばさは訴えるんだけど「私が水島くらい吹けたら……何も言われなかったんだから!!……だけど私はそれでいいと思ってないよ 全国で吹いても恥ずかしくないくらい力つけるから 信じて」と。そこで一コマも置かずに「信じた!!」って他のメンバーが返すの!!みんなで頑張ってきたし、初心者だったつばさが人一倍努力をしているのを皆分かっているのだ。

私はこのシーンを初めて読んだとき泣いてしまった。ていうか、2年生に上がった頃一回読むのを止めようかなーって思ったんだよね。1年生で10巻も使ったし…このペースで進むのかなって思ったら面倒になった。でも2年生編が面白くて読むたびに目頭が熱くなって。頑張っても努力が報われないこともある。分かり合えないこともある。夏の暑い日も冬の寒い日も休まず練習している(そして倒れたことも…)。そんな中で3年間、切磋琢磨してきた仲間たちなのだ。手を取り支えあえる、励まし励まされる人たちがいる。そして、後ろ向きで下ばかり向いていたつばさが吹奏楽を通して前向きに強くなっていく。私は割と逃げ腰で過ごしてきて、割と積んでる人生を送っている。だから吹奏楽にすべてを捧げんとばかりに練習し、一つの目標に向かっていく彼らがまぶしくて憧れてしまうのかもしれない。じゃあ、中学生くらいからやり直せるよって言われても、その気はないなー。たぶんまた逃げるから。

 

さくっとあらすじを書いてみたんだけど、もっとたくさんのキャラが出るし、つばさと大介の恋愛や野球部の話も同時に描かれている。私の説明が下手なので書ききれないので、良かったらそのあたりは是非とも単行本で。つばさの後輩の瀬名とか好きです…あんな感じの男の子好きだ。一番好きなのは水島だなー辛辣で初心者のつばさにも厳しいんだけど、努力とかつばさの頑張りは認めてくれてて時々笑ってくれるのが本当にイチコロですよ…。つばさの親友のまるちゃんが片思いをしていて、応援しまくりながら読んでいた…。1年生の時はつばさと同じくらいの身長で、つばさが女の子と見まごう可愛さなんだけど、3年になるころには背も伸びて男性らしくなるのもポイントだね。顧問の杉村先生と真木先生のキャラもいい。先生たちが部員だったころは金賞の常連だったのだ。2年続けて成績の振るわなかったことで、杉村先生は今年の自由曲で「吹奏楽のための神話」を選ぶ。先生たちの代でこの曲で白翔は全国で一金*3を取り、白翔を象徴する曲でもあるのだ。たった二人の3年のトランペット、つばさと水島は先生の期待に応えられるよう、より一層、練習に打ち込む。

 

普門館は10月に行われる。地区予選はバラつきがあるものの7月~9月。つまり先にラストステージに立つのは大介なのだ。明日発売の16巻で地区予選が始まる。連載を追っている人はすでに結果を知っているのかな?キャプテンに指名され、けがも乗り越えての最終学年。私もつばさと共に見届けたい。

 

…全然まとまらないわ。面白いので、良かったら読んでください~。

 

 

*1:全日本吹奏楽コンクールのことなんですが、記事はこれで統一します

 

*2:吹奏楽の甲子園と呼ばれていた東京・杉並区のホール。作中では全国大会の舞台であるが、東日本大震災により耐震強度不足・建て替えが困難となり、全国大会は2012年より名古屋国際会議場センチュリーホールで行われているとのこと。

 

*3:金賞の中でも一位を取ると貰える称号らしいです。逆に地方予選などで金賞を取っても代表に選ばれないと「ダメ金」と呼ぶとか。