読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

群雄割拠の諸国漫遊記

戦国無双4

「流浪演武」もやっとこさ50%くらいになりました。だらだらやっているのでなかなか進まないけど、結構楽しいね。主人公くんにしてみたのですが、イベントが若干ホモくさくて涙目です…主人公ちゃんで見たかった。じゃあ何で、おのこにしたかと言うと、キャラメイクをするか―って時に妹が来て、「戦国時代に戦う女とかいらない」って言われたからです…。イケメンの冷静くんです。口調が上から目線でむかつく…www自分で作ったのに!ステージは結構単調だなと思うけど、援軍がいろいろきて面白い。家康と出てきた時の高虎が「粉骨砕身で頑張ります☆」って感じでストーリーと違うじゃん…って思うわけです。クロセカと4で全然違うのに、モードでさらに違うってのもなんかすごいなあ。

 

高虎の性格の違いってこんな感じだろうか。○○は好きなキャラの名前でも入れてみてください。

クロセカ「俺はみかんが好きで、○○はリンゴが好きだ」 4「俺はみかんが好きだけど、○○はリンゴの方が好きだ」

 

クロセカだと「あんたが選んだ道なら…」と西軍側に付いた主人公を止めない。基本的に「俺は俺、お前はお前」のスタンス。孤高の武将だし、周りから嫌われていることも分かっているけど自分の考えを曲げることはない。4では仲間想いをこじらせて、吉継に「豊臣に居辛くなったら俺のところに来い」とか平気で言っちゃう。敵地に1人で乗り込んでいく(友人のために)。考えが違って今は別の軍に所属しているけど、いつかまた共に戦えると思っている節がある。ちょっと夢見がち…か?大勢が決して西軍が総崩れになっている中で説得を試みる(友のために)。一応、クロセカも4も辛酸をなめようとも生きねばならぬが根本なんだけど、目に見える言動が大分違う。どうしてこうなったんですかね…。もちろん4の高虎も好きなんですけど、クロセカの性格がこれだったら3DSを途中で投げてたかもしれない。逆に4ではまって、後からクロセカを遊んだ人はキャラが違うと感じるのかな~。感じるよね、きっと。手ぬぐいラヴなところしか共通点がないな。