読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

天下統一してやったわよ

真田の章と天下統一が終わりました。

 

お話だけだと真田の章が一番好きかもだ。信之がPCになったことで、大阪の陣も徳川側と豊臣側で操作で来て楽しかった~。稲姫とのイベントはもっと欲しかった。意味もなくラブラブしているところが見たかったなあ…何を期待しているんだよ。2人で武将をぶっ放すボーナスミッションは笑ったけどww戦場で何してるんですか!不埒です!!!!!今回は戦場での会話が面白いですよね。お見合い始めちゃう家康とか、キャバクラ(仮)に行く相談をしてる秀吉と孫市とか…。信之が良くも悪くも空気だったのが気になったけれど、普通に良いお兄さんじゃないか!好きだ!あのリボンに見える金の髪飾りが好きだ。武田と真田の章を遊んでみて、一番心に残ったのはくのいちでした。彼女は真田の忍びなんですね。初めは信之と幸村の両方を助けて奮闘しているんだけど、やがて二人が敵対する関係になってしまったとき、くのいちは幸村を選んだ、と取りました(それまでのゲームで幸村の忍びだったから、ということではなく)。それは、恋とかそんなものではなく忍びとしての心だったと思うのですが、最期は大坂の陣で幸村を想いながら果てていく姿に切なくなりました。ただ幸村に仕えたい、この人のために戦いたいという一心だったのかな。いろいろ妄想してしまいます。彼女の名前ってなんていうんでしょうね。「Landreaal」という漫画で番号で呼ばれ、名前を持たないニンジャの女性がいるのだけど、そんな感じだったのだろうか(漫画の中では主の少年が彼女の「五の十四」の番号をもじって、いつよ(五十四)と呼ぶことで名を与えている形になっています)。くのいちも忍びであることに徹底しているから、ほとんど自分を出していないしなあ。Chronicle2ndの高虎との邂逅は好きでした。

 

何が「ざっと済みたり」だ!私は疲れた!そんな訳で天下統一したよ。関ヶ原は東軍→西軍でプレイしたのですが、吉継と三成の最期が本当に見ていて辛かった…負け戦の臨場感とか本当に凄かった。これから島津のお2人でやってみようと思うのですが、正直見るのに勇気がいるよ…。それにしても、今回三成がすごく使いにくくて、神速のもっさり感が凄い。まさに神がかっているくらい、もっさりしている。もっとレベルが上がったら何とかなるのかな。天下統一の章なだけあって、最後は東軍側しかなかったですね。そういった意味でも、今回は真田兄弟に焦点を当てているのでしょうか。早川殿が若干うっとうしかったのですが、ざっと済みたりのときに、むさ苦しいおのこ集団の中にいてくれて、ありがとう!と思いました。皆でっかいなあ。

 

ここから高虎の話です。何て言うのかな。私は高虎なら何でも好きなのかなと思う。戦国無双の世界の藤堂高虎そのものならChronicle2ndの方が好きだけど、ゲームのキャラとしては4が好きだ。今回ちょっと腐的な方にも転がってしまいましたが、吉継の墓の前で直虎ちゃんとの会話が良かったですね。直虎は普段は可愛い恰好をしようと奮闘している可愛い天然な女性だと思うので、名前はややこしいけどノマカプも読みたいですね。良いですね。高虎だって雄っぱいより、おっぱいを揉みたいだろう。かけ算的な意味では采配のゆくえの高虎も大谷吉継の墓の前で失恋しているし、お前ら何なのか…。あと小少将との邂逅も面白かったなあ。今回は手ぬぐいについて熱く語ってなかった?し、ギャグ要素は薄いのかな~。4は中の人の演技がすごく良かったです。馬鹿野郎って言い過ぎだと思うけど、叫んでいるのが好きだった…。吉継の介錯をするのはいろんなところでネタバレを見てしまっていたので、どんなものかな~とのん気に見てたんですが、覚悟を決めて首をはねるのかとばかり思っていたので衝撃的でした。最後まで説得を試みる高虎に対して、拒む吉継を見て、近畿の始めのムービーのように強引に手をひけば付いてくる状況でもなく、夢を追うとキラキラしていたころから長い年月が経ちお互いの立場も変わり…何かもどかしくもありました(腐的な意味じゃないですよ)。中の人は下天の華の信長だとキャラ的な部分も含めてわりと棒読み(←失礼な話ですが)な感じなので、ここまでの演技だとは思っても見なかった…。Chronicle2ndと4でキャラが違うじゃんって思うけど、どちらも好きだなーと思うわけです。単純に無双の高虎が好きだ。でも、また無双のイベントがあっても中の人は呼ばなくていいかもよ。陽気でとてもはっちゃける楽しい人だから、キャラ違う――――!ってなるかもwwでも、公式イベントがあったら行きたいな。

 

史実といえば、吉継の病気設定って最初からなかったんですね。いつまで経ってもアグレッシブに動いているから、あれ?って思ってたんですが。発売前は采配のゆくえの吉継を戦える状態にした感じと捉えていたので…うーん。もっと三成三成しているのかと思ったんですけど(腐的な意味じゃ(ry )、ふらふらーっとしてますね。あと直虎のおっぱいが凄かった。Chronicle2ndをプレイしていた時、甲冑が寄せてあげる仕様になってるなあと思ってたけど、それも分かる。人によっては引いていそうなくらい素晴らしいことになってましたね!ありがとう大画面!ありがとう高画質!ありがとう戦国無双

 

…脱線しましたが、とにかくアクションゲームとして本当に楽しかった。プレイしていて楽しいなって感じたら、それで良いんだよね。ストーリーも遊び始めはあっさりしてるのかなって思ったけど、ちょうどいい長さ(←疲れたって書いてますけど…)だったし、個別のシナリオじゃないから地域ごとの動きとして見られて良かったです。小牧長久手で高虎が家康側だったり細々違うところもあったけど、調べたら違うって分かるし、史実としてはダメかもしれないけど、そういう形から歴史に興味をもったりもできるんじゃないかな(水戸黄門的な感じ)。一般ユーザーの方には申し訳ないけど、二次創作のBLだのNLだのの妄想が出来るのも原作が楽しい・面白いという前提があってこそですからね。ゲームが楽しい、そこから公式なり、なんなり。派生していくものが楽しい。

 

次は「流浪演武」をやるぞー。