花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

夢灯りが終わったので感想を書く!その2(ネタバレあり)

その1はざっくり全体の紹介と感想でしたが、その2は攻略順とキャラの感想を書いてみようかと思います。 一応ラスト辺りや核心部分は伏せますが(白文字で隠しました)、ネタバレを含みます。 これから遊ぶ予定の方はお気をつけください~。

 

私の攻略順はこんな感じ。

 

秀吉→蘭丸→半兵衛→信行→光秀→家康→百地→官兵衛→信長

 

信行・百地・官兵衛は1周目から攻略できません。 今回のストーリーは両兵衛が深く係わっているので、そのあたりを考慮すると良いかもしれません。信行は攻略キャラによっては全く出てこなくなったりします。信行に関しては続編というよりFDの印象かも。無印を遊んでいなくても夢灯りだけでも大丈夫です。無印へのフォローもあります。が、続編と銘打っている作品なので出来れば無印を遊んでおくと良いです。ここ無印と関係しているかなという箇所がさりげなく出てきます。余裕があれば、無印もおススメしておきます!

 

では各キャラの感想とおススメ攻略順とか。 あくまでも私の独断と偏見でのおススメなので、気になるキャラが最初から攻略できる場合は勿体ぶらずに初見で攻略してください。

 

織田信長 相変わらずの俺様で殿様ぶりを発揮する人。最初からほたるに好意を持ってくれているんだけど、それが裏目に出ちゃってすれ違ったりしてもどかしい。たまにはガチで怒ったところや、つれないところも見たいわー。他のキャラと違って、紀伊の情勢や信長しか見られない場面もあり。無印をやってからの方が絶対良いと思う。本当に弟思いなのに、何でこじれちゃったのかなと切なく思う。信長ルートだと信行のその後のフォローもあります。特に終盤のやり取りや、最後のほうでぽつりとつぶやくセリフなど、知ってるとおおおおおー!と興奮すること間違いなし。ラストは無印とそう変わらないんだけど、終わり方はやっぱり信長限定ルートだなと思う。何でもかんでもお見通しの超人の信長様だったが、半兵衛に袖にされてマジ切れしてて吹いたwwwwwwwwwでも部下が死んでるのに許しちゃっていいのか?官兵衛に桶狭間とか長篠のことを聞かれてたんだけど、本当に25歳なのか?とにかく懐の深い、何でも包んで邁進する信長様。攻略は最初か最後がおすすめ。信長様かっこいい。 今回も天下統一できませんでしたね☆

 

明智光秀 ほたるの雇い主でセクハラ上司。一番きわどくて甘いルート。ラストまで甘いです。明智流の部下への接し方が真面目なほたるには全く通じていないwwここスチル欲しいなってところで表示されなかった。他のキャラもだけど、今回スチルが少ないな。前回はいろいろ裏があったから今回もあるはずと構えていたら……何もなかった!!今作は兄妹のやり取りも増えてとても楽しいです。明智兄妹が好きだったので嬉しい。ラストは無印より踏み込んだEDで満足しました!ほたるは嫁に行くと良いよ。トレジャーのみ使用スチルも素敵だな。さらに官兵衛がかわいそうになるルート。 攻略は官兵衛より先にお願いします。絶対に。

 

羽柴秀吉 前回と変わって、今回はほたるから秀吉に関心を持っていく感じ。秀吉が心の内を見せずに突き放してくるので、無印の優しい印象を覚えていると大変怖いことになります。これちゃんとくっ付くのかなと涙目で攻略しました。……くっ付きました。そして男前でした。ほたるとのやり取りのコミカルさが増してとても楽しいし、佐吉がたくさん出てきて可愛い。佐吉と桔梗(明智の姫の時の名前)が仲良しになるし、前半はとてもほのぼの。無印と対になっていると感じる話やセリフが出てきたのが面白い。蘭丸の弟たちと佐吉の邂逅が面白い。秀吉いい上司だなあ!このイベントは見ると良いよ。秀吉は両兵衛の主なので、初回が良いかも。少し怖いよ。

 

森蘭丸 ほたるをあまり信用していないし、恋愛パートを少しやっておかないと途中から会えなくなってしまうという…!初めは友情を深めるところからスタート。グータッチで交流。途中まで少年漫画の様相を呈しているwww相変わらず、信長が良い上司として登場。弟の坊丸と力丸が可愛くて蘭丸を後押ししてくれる。恋愛を通して蘭丸が大人の男性として一武将として成長していくのが見どころ。故か、ラストはキャラとして完成してしまった感があります。一番時間経過が大きいキャラ。蘭丸はいつでもいいと思います。完成しちゃってる分、話もまとまっていて良い!

 

徳川家康 女性不振が直っていない…。が、今回は家康自身が直そうと頑張ります。他の女房と話している姿を見てほたるが焼きもちを焼いたりして、天然の可愛いカップル誕生です。天然も度が過ぎて、心を許した相手には恥ずかしいセリフをばんばん言ってくる家康さんすげえ。ラストの公開処刑すげえ。おめでとう!本編にそう絡んできていないので、どうすんのかなと思ってたら、そう来たかああ!という流れになって、思わず心の帽子を脱いだね。最後に男を見せてくる家康。見た目で嫌悪感を感じている人も一度遊んだらいいさ。家康もいつでもいいと思うけど、気にならなければ後の方がいいかなと勝手な思い込み。

 

織田信行 前作のラスボス。本丸御殿に謹慎中。彼のルートに入らないと全然出てこないし、ルートに入っても普通の交流自体ありません。とにかく画面に信行のアイコンが出たらひたすら突撃してください。初っ端からマジ切れしてくるし病んでるしで、ちょっと面倒な人。話が進むとほたるのために自ら行動してくるので感動する。最後は「織田信行」として終わりを迎える。他社のゲームのFDってこんな感じかなと思う(そういった類のゲームをやったことないから分からないが)。きちんと信長とけじめをつけ、和解をする。最後の二人のやり取りも良かったです。おだやかで希望のあるラストで前回よりもこちらの方が好み。真ん中らへんでやると息抜きになるかも。

 

・百地尚光 ほたるの師匠でオリキャラ。修行の場で会えるのでひたすら修行に励むとアイテムの花とお香が溜まりまくる。お香は師匠にも使えるよ。子どものほたると若かりし師匠の回想が見られる。師匠の声が若いww(←勇者王一歩手前)城下に連れ立って歩いていたら幼な妻と勘違いされたりして、年の差好きの人のためのルート。相変わらず追いかけるほたると抵抗する師匠が見られます。本編をもう片側から見ることができるルート。ラストのスチルが大変ニヤリとしました。師匠の攻略はお好きな時で。

 

竹中半兵衛 本能寺の後ってことは…ということで察してくださいキャラ2号。気さくな天才軍師だが、苦い薬が苦手でお子ちゃま。秀吉と身長対決をしている。前回信長ルートで見られた特別な変化は、半兵衛で見られます。何に変化するかは見てのお楽しみに。実は幼少のころ、ほたるとすでに出会っていた…というのがツボ。さらにこの続きが百地ルートで見られます。信長を屋根に持ち上げたのかなと思うと力持ち?秀吉のために役に立ちたいという真摯な気持ちが心を打つ。半兵衛と言えば病気があるけど、悲しいラストではなくて希望があるのがいい。きっと半兵衛が思っているよりずっと長く生きられると思うよ!早めに攻略するのがいいかなと思います。キャラソンがとても良かった!!

 

黒田官兵衛 変態紳士。寡黙のミステリアスなキャラに見せかけて「姫に一目ぼれした」とばんばんストーリーに絡んでくる18歳。度が過ぎて、光秀ルートでは制裁を加えられるし、半兵衛と秀吉ルートでは涙目状態。と思いきや、官兵衛との恋愛が始まると方向性が間違ってはいるものの、真面目な青年と分かる。天才軍師様も何だかんだで18歳。有岡城の話が切なくて、官兵衛の人となりがとても分かる。官兵衛も蘭丸同様、恋愛で交流しておかないと途中から会えなくなってしまいます。仲間想いで、半兵衛を信じて救いたいと尽力する姿に感動した。秀吉側で見られなかった部分が官兵衛側で明かされる。ラストのほたるとのやり取りは健全で微笑ましい。なるべく後で攻略した方がいいです。官兵衛が本命キャラになってしまった場合、そのあとの攻略が辛いと思います。特に光秀の後で!!

 

今回もノーマルED(つーか、ほぼバッドだよな…)と前回の安土の盾に相当する大団円EDがあります。 ノーマルはキャラルートに入らないと見られました。落ち込みます…。 最初見たときは半兵衛が後を継いだのかと思ったんですけど、クリアしていくうちに秀吉だって のが分かりますね…いろんなキャラをクリアしていかないと分からない部分かも。夢が達成できた んだろうけど…史実なんだろうけど落ち込みます。このゲームはそういう流れを求めていないから。うん。

 

大団円はキャラを全員クリアしたら見られました。疑念は3ありましたが、キャラをクリアして いくことが条件?3章の終わりから一気に変わります。全員クリアしてから最後に見たので、 上手くまとめなた~と感心しました。良い終わり方だった。

 

お話全体は史実の話を使いつつ、上手く続編としてつなげた感じでした。面白かったです。 天下統一が見られなかったので、今後何かしらの形で見られたらうれしいです。 また続編……となると、少しきついかもしれません。ので、次があるのならFDの形がいいかなと思います。 信行など、また新たな展開で登場させるのにも限界があるかな。

 

20日から配信イベントが始まるので、いろいろ期待したいと思います。 第一弾は恋愛成就後のお香イベントとのことで!楽しみだな~。 そんなわけで、下天の華 夢灯りの記事でした。ちょっと秀吉の2回目やってくる。