読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

ガイドブックは買いなのか?

「下天の華 夢灯り」の情報がいろいろ出てきましたね。 両兵衛の情報がいろいろ出てきたり、サンプルボイスが聴けたり、秀吉のスチルでよだれが出たり(気持ち悪いがなぜそうなったかというと、まあサイトを見に行ってくださいよ)。一番の情報はなんといっても、3月にまたイベントがあるってことですね。楽しみ過ぎて楽しみです(?)。結局、6月の蛍見の宴はDVDになりませんでした。何でDVDにならないんだーって意見もちらほら見かけたので、今回はちょっと期待したい。でも映像化される保証は0%だ。話を聞ける友達もいない。ってことは、自分で行って目に焼き付けるしかないんですね。出演者の中に秀吉の中の人がいないのですが、前回も後から追加だったから、まあたぶん大丈夫でしょう!…たぶん…。問題は今回の会場の大きさです。川口リリアは2000人以上入るところだったのに、ディファ有明という小さいところになりました。川口の時は8割くらいは埋まってたのに大丈夫なのかな。イベントサイトを見ると、一般発売の案内はあるけれど、コーエーテクモ有料会員の優先販売で余らないと回らない的なことも書いてあるしな。改めて会場のサイトも見てみよう。………。座席数1000ちょっとって聞いてたから、うわーーーーってなって、思わずさっきGAMECITYのプレミアム会員になってきたのにスタンディングは1800も入るのかよ!!!!!!!早まったか…?(焦りすぎ)でも私が狙うは、後ろの指定席ですよ!疲れたら座りたい。座席有で1000ちょっとの会場なら後ろでも支障はないだろうしね。聖地とやらでやってガラガラな座席で見るのはさびしいので、席が足りないくらいの方がいいとは思うんですがね(昔好きな俳優のお芝居を見に行ったら6割くらいしか埋まってなくて辛かった思い出。番宣番組までやったのに)もちろん、この意見は自分は行ける前提になっている話。頑張ってチケットを取りたいと思います!

 

今更ですが、ガイドブックを買ってみました。 ゲームの説明書の広告を見ると、元は一冊の予定だったみたいです。だからすっごく薄い……龍が如くシリーズが分厚いのに2000円しなかったからね。舐めてるのかよ!って投げたくなります。しかしある層には必須アイテムではあるのではないかと思います。

上巻はただの資料集だし、下巻も含めてイラストはほぼ使い回しです。ただし、各キャラのパーソナルデータががっつり載っているし、モブの顔や背景画が網羅されています。つまり、同人誌などの2次創作で下天の絵や漫画を描いている方たちは買うべき内容になっているのです。なにそれ…wwそれ以外の人はいらないかもしれない。後でもっとちゃんとした資料集が出るかもなので。下天の華が好きすぎる人は資料として買っても良いかも。光秀が左利きだったのは知らなかった。刀は右で使うものだから、ちゃんと右で使っているし、書き物をしているスチルとか特になかったから分かんなかったよ。他には声優さんのコメントや開発陣のインタビューもあります。

下巻は攻略メイン。攻略サイトがあれば事足りる内容ではあるんですが、イベントのセリフも結構載っていたのは盲点だった!ニヤニヤしながら読んだりしています。攻略自体はしっかり載っています。でも攻略サイトがあれば(ry

 

巻末にコーエーテクモのGAMECITYのポイントが付いています。へー。公式関連をコンプリートしたい人向けの内容かなと思います。キャラソンが気に入ったなら先にCDを買った方がいいです。最近また聴きまくってます。