読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

下天の華のコミック1巻が出たよ!

出ました~待ちに待った!1巻ですよ!雑誌で全部読んでいるけれど、まとめて読むとまた違った印象があったり、新たな発見があったりと、良いですね~。さっそく、感想を書くぞ!って感じなのですが、もはや私はこのマンガと、担当されているくまだゆか先生の大ファンなので、そんなレビューになっているかと思いますので、その辺は予めご了承ください。ネタバレも含みます。

 

ストーリーは裏表紙から引用させていただきます。

伊賀の里のくのいち・ほたるは、織田信長の腹心・明智光秀に雇われ、信長の居城・安土城へ潜入する。ほたるは光秀の妹姫として城に滞在し、信長に害をなすものがいないか織田軍の内情を探ることに――――。密命を帯びたくのいちが安土城を翔る!疑念と隣り合わせのデンジャラス・ラブ ここに開幕!

 

…原文ままですからね、後半も。しつこいですが「デンジャラス・ラブ」は公式のキャッチコピーですから…! 掲載はARIA7月号~10月号まで。1話から4話と。描きおろしのおまけ「天下統一あづち幼稚園」つきです。各話の間にもかわいいイラストの描きおろしがあったりで、可愛いです(大事なことなので(ry。

 

1巻はゲームだと2章くらいまで(と書きつつも、最新6話も本編のエピソードは進んでいないので2章あたりうろうろ)。直球で信長ルートかな~と思いきや、そうでもないみたい。各キャラのエピソードちゃんと使って進んでいます。が、いろいろ拾いつつなので、ちょっとゆっくり。信長との出会いはゲームと違うので、あのスチルが好きな私はくまだ先生の絵で見られなかったのはしょぼんなのですが、漫画版は桔梗が「変わり者の姫」と一発で周知になるようになりつつ、家康への好感度とストーリーに繋がるようにできています。すばらしい!…だからといって、ものすごく脱線していないので、ゲームが好きな人も気にせず読めるかと思います。基本はちゃんとゲームです。秀吉が本命の私は4話を読んで狂喜乱舞でした。そんな感じで、信長が一番大胆で萌えて燃えて凄いんですが、他のキャラの見せ場も入れてくれているので、どのキャラが好きでも楽しく読めるようになってます。あ、師匠だけはほとんど出てきません。あと、光秀が始まるのは6話からです。1巻は4話までなので、ちょっと待たないといけませんね…。5話まで入るかと思ってたんですが。ゲームを知らない人は、このエピソード、漫画で見た~って感動すると思います。ゲームはイケメンボイスつきですからね☆

とにかく、コミカルなシーンとシリアスなシーンのバランスが良くて、萌えもふんだんにあって、とてもよいです。何といってもくまだ先生のキラキラする華やかな絵柄と、構成とギャグセンスが良いんです!ゲームのネタを拾いベースにしつつも、くまだ先生らしい読みやすくて可愛い漫画になっているのです。ゲームをやった人なら、こんな感じになるのか~と感心するのではなかろうか。乙女ゲーは基本立ち絵とスチルで成り立っているわけだから、漫画はそこにいろいろな動きが付く感じ。さらに、キャラの表現が良いです!ほたるのキャラも好感が持てるようになっているのー。ふらふら○ッチぽくなってないのもすごく良い(ゲームの時から素直な女の子でしたが)。武将たちが疑念を持っているように、忍びのほたる自身も警戒しているところがあるからねえ。各武将たちの顔がちょっとかわいいんだけど、体つきとかがっちりしていてちゃんと男性なんですね。少女漫画っぽいなよなよした感じは少なめで良い絵柄だなーと思います。顔が可愛いけどww

このマンガの最大の特徴と言えば、信長のキャラじゃないでしょうか。ゲーム内では何をするにも余裕があって、本能寺ですら「天命なかったから死ぬわ」くらいの余裕ぶりだった。そのくらいどっしり構えていて兎に角ひたすらカッコ良かったんです。もちろんおちゃめなシーンもあったのですが、そこは普通の立ち絵、で縁を上げるための会話だったから、普通にニヤリと見て萌え転がっていただけでした。が、漫画ではそのあたりをガッツリ扱ってくれて動きとか表情をたくさん見せてくれています。一話から大口を開けて笑ったりするのです。ちなみにゲームでは未採用の表情なので見られません(ガイドブックやトレジャーボックスの原画資料集では見られます)。さらに何とデコピンを繰り出してきたり、漫画はとにかく無邪気で可愛いところが多めです。何かあるとデコピンしますwwかっこいいシーンとの落差が楽しいです。6話の信長がすんごく良いので(そして光秀が怖いです…)早く2巻が出ると良いですね。

 

今までのネオロマ作品はキャラデザを担当された方がそのまま漫画も描かれていたので、別々の方が漫画を描くのは初めてみたいです。そのあたりを感想に書いている方も見かけたのですが、「キャラデザの方が描いてないけど、これはすごく良いです」って書き方なのね。ていうか、ネオロマだけがたまたまなだけで、普通はコミカライズは別の漫画家さんの方が多いよな。ゲームの絵ともキャラデザの琥狗ハヤテ先生のイラストとも違うので3パターンも楽しめるんだぜ…?どの絵も良いですよね~。くまだ先生の絵柄は可愛らしくてキャラによっては幼く見えるかもですが、華やかででもちょっと古き良き少女漫画を彷彿とさせる感じもあって素敵です!

 

カバー裏や各話の間にもおまけがあります~。前述ですが、あづち幼稚園が可愛すぎて笑ったwwwwwwww公式で「安土学園」という学パロがあって(何かあると学校に行かされる2次元キャラの宿命)、あれも超萌えたのですが、コミックスでも新たな萌えとか…すごく可愛いです。ほたるが幼稚園の先生で武将たちが幼稚園児という、ちょっとした暴挙wwwこれも続くと良いよね。

もうアンケートはがきを出しておきました。ガッツリと書いて。贔屓なレビューになってしまいましたが、おすすめです。特にゲームをやってみたいけど、迷っているという方は読んでみると良いかもです。ゲームはもうちょっと硬めですが、漫画はゆったり。内容とか各キャラの特徴とかつかめます。

そんなわけで、2巻も楽しみですね。 くまだ先生のことも超応援だ!!!!!!!!