読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

ステルスおじいちゃん

金塊の遊び過ぎで、とうとう持ち金が999999両になった。どうなってんだ。そろそろ家康は私に感謝するべきじゃないのか?幕府の参謀に迎える用意とかするべき。

 

この金が、のちの徳川埋蔵金である。

そんなわけで、金塊は一日一回にしてイベントの回収をしています。何だか左近とかガラシャとか全然見てない。何でだろう。来月、下天の華の公式イベントに行く予定なので武器も作るよ!  

ナンバリングもやってみたいなということで「戦国無双3Z」を買ってみました。PSP版と迷ったのですが、大画面で遊びたいな~とPS3にしてみました。キャラごとにストーリーがあるんだけど、なかなかいい感じですね。女性キャラの話は良くも悪くも夢があるねえ。ガラシャの章で光秀が出てきたときは独りテレビの前で悶絶した。忠興はモブのくせして輝きすぎでしょう……。木津川口の戦いでは毛利元就が消えちゃって、船の中を探し回って大変でした。今攻略サイトを見てきたけど、バグだったのかな?味方武将が元就の方を向いていたので感覚で蹴ったりして倒したけど、なんだったのか。消えないでおじいちゃん。

いろんなところで見て知ってはいたけど、本当に味方武将の敗走が早くて、だんごを齧りまくり。どこの合戦だったか、忠勝が30秒で敗走した時は泣いた。お前!傷がないのが自慢なんじゃないのかああああ。ミッションを成功させるために戦場をあれやこれやと動きまくって気が付けば10分くらいでクリアしている。楽しいんだけど、なんだか物足りない。でもちんたらやってると敗北条件になってる武将がやられたりして……。足軽多すぎ!どこで雇われてきてんだよこんなに……。

クロセカのレビューで「敵が少ない」って書かれてた意味が分かりました。しかしやっぱり下手くそ具合がそのまま出るな、無双は。

 

そのあたりを差し引いても、とても面白い。大袈裟だけど戦国時代ってこんな感じだろうと思ったりする。キャラごとにストーリーがあって、キャラごとに合戦がある。BASARAはそういうシステムでは無くて、合戦と総大将は固定だった。ほとんど接点がないキャラ同士の対戦になったりした。自分のホームがある感じ?たまに上田城伊達政宗が大将ってのがあったりするくらい。自由合戦でも気にせずどのキャラでも同じ条件で遊べた。何だかメチャクチャな状況だったけど、だから「奥州走竜戦」の様なものも生まれたんだと思う。これは無双ではできない合戦だ。

ていうか、合戦じゃない。 伊達政宗片倉小十郎と馬で競争する。BASARAのマップは基本一本道のようなもので、ここは完全に一本道。往路が政宗、復路が小十郎。最初は馬に乗って頑張っていたものの、いつからか馬に乗らずに競争するプレイヤーが現れた。ニコ動で「奥州杯」で検索すると分かるよ!馬に乗れない大谷吉継黒田官兵衛に救済する意味での技はあった。しかし、石田三成の固有奥義「恐惶」がただの移動技だと判明したあたりから雲行きが悪くなる。もの凄い勢いで爆走する姿はもはや人間ではなかった。そのうち他のキャラも馬に乗らなくなる。忍者たちは特殊ジャンプを連続でくりだしたり他のキャラを固有技を連続で出し続けたりして移動する。固有技はボタンの組み合わせで出せるBASARAならでは。移動に応用できる技も多いしキャラの素早さもレベルには関係ないし。最終的に技も出さずに徒歩で勝つ猛者も登場してしまった(しかも選択したキャラが政宗って……)いつしか伊達政宗涙目ステージと化した。ナンバリングなのに仙台農民って。開発者たちはこんな状況になることは予想していなかったと思う。100歩譲って三成くらいまでは想定していたかもしれないけど、まさかの徒歩って。  

こういうくだらないことが出来てしまうのがBASARAなのかも。私も真似しましたよーカサカサカサカサって!恐惶は走っているのを操作すればいいけど、上手い具合に技を連続で出すって難しい!動画を上げている方はさすがに上手くて同じように出来ない自分に腹が立ったりして。楽しくていろんなキャラでここばかりやっていた思い出。

滑車とかジャンプ台とかモーションの面白さとかを感じた。無双には無いなーって。出陣のモーションも面白かった。どうでも良いといわれそうなところで変にこってた気も……無双はマップに対してキャラが小さい?気がする。パッと見の派手さがあるし、アクションに慣れていない人が遊ぶにはBASARAがいいのかも(間違った知識がてんこ盛りだが)。 でも藤堂高虎が「虎好き」ってのはどうかと思うよ!加入条件も鶴姫青ルートって……。  

また3Zとクロセカに勤しむことにする。