読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

ねずみ捕物帳

昨年末のことになるけれど、我が家にネズミが出没してそれはもう大変だった。

事の発端は10月末。台所付近でキーキーと謎の金属音が聞こえていた。 すぐに金属音ではないのが分かるんだけど、その時はそうとしか思えなかった。しかし、金属音のする場所が動くのだ。頭になかには「???」が乱舞した。母がちょうどやっていた時だった。「今ネズミが走ってたよ!」何いいいいい!と口走りそうになった刹那、私と母の目の前を小さいネズミが走って行ったのであった!しかもとなりの祖母の部屋に駈け込んでいったのである! 我が家は農家造りの家で、部屋がほとんど繋がっており必要に応じて襖で仕切るという昔ながらの家。つまり居間や私たちの寝床へも通じているのだ!ギャーギャー騒ぎながら襖を閉め、祖母の部屋に閉じ込めた。 懐中電灯で照らして居場所を探ると、タンスの裏に確認できた。しかし追い掛け回しても出てこないし逃げられてしまう。考えた末にタンスの両脇にアースのゴキブリホイホイを置くことになった。真ん中に設置するゴキブリ寄せのにおい袋は置かずに、食パンをちぎって載せた。祖母には別の部屋に寝てもらおうとしたら「そのまま寝る。ネズミくらい昔はいたし」とのことだった。さすがだ。

で、結果ですが。何と!ゴキブリホイホイにかかったのである!スゲエ!

祖母がゴキブリホイホイごとスーパーの袋に入れてくれて終了。

……終了したかに見えた。 しかし、ここからが本当の戦いであった!  

その5日後、ネズミが出たことは忘れつつあった。そのころ私は戦国無双 chronicle 2ndに勤しんでいた。少しずつ慣れてきて楽しくなってきたころだった。根を詰めてゲームをしまくった後、合戦が終了し一息つくかとと顔を上げた瞬間ネズミが部屋のスミを駆け抜けていたのだ。ここは居間である。

ギャースギャースと騒ぎながらテレビの裏に追い詰めたものの、見失ってしまったので部屋の扉を全部閉め、テレビの裏にゴキブリホイホイを設置。次の日には引っかかっていた……大きさ的にハツカネズミと判明した。 調べてみると単体または家族で群れて生活しているらしい。まさか捕獲したネズミたちは家族だったのだろうか。

 

そんなことを考えつつ、5日が経った。私は戦国無双 chronicle 2ndに勤しんでいた。何この進歩のない生活。そしてまたもやネズミは出た。今度は顔を上げたら目の前にいた。固まる私をよそにネズミは走って祖母の部屋へ退却していった。とりあえずゴキブリホイホイを設置。次の日引っかかって暴れるネズミを捕獲。 何なんだこれ。

 

また1週間たったころ……。

 

そんなことの繰り返しで6匹捕まえたのであった。結局ほとんどの部屋で目撃してしまった……。6匹目を最後に出ていないので6匹家族だったのだろうか。ネズミはいなくなり、無事に年も越せました。

 

今回のことで言いたかったのはゴキブリホイホイは凄いってことだね。 アースはネズミホイホイ?も出してるんだけど、ゴキブリホイホイをそのまま大きくしただけでなんか怖かったので(いかにもネズミを取ります的な←そりゃそうだろ)買わなかった。ハツカネズミくらいならゴキブリホイホイで取れる。ただ暴れるから外れてしまうこともあるよ。自己責任で!しかしゴキブリホイホイマジ凄い。ゴキブリホイホイ様々だね。ほとんどのネズミがパンをかじりつつ……だったので、お腹がすいてたんだろうなあ。 でもなぜか台所の食料は齧られなかった。謎。

 

唯一の心残りはネズミの侵入経路が分からなかったこと。 もう探る術もないかもなあ。