花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

もう時代遅れかもしれないけど

Twitterは同人者には向かないな、と前に書いた。 漫画家さんにも向かないね。これも前からずっと思っていたけれど。特に、オタク系の雑誌で描いている人や同人もやってる人。

 

営業に使っているつもりなんだろうけど、自爆している人が多いなあ、と。皆さんサイトは持っているけど、放置が多い。もちろん使い分けている人も多いし、サイトやブログ内で仕事の情報を更新してくれる人もいる。ブログの日常的な文章がなくなっちゃった人は多いけど。でも、Twitterに籠りっぱなし、同人情報はpixivって漫画家さん多くなったよ。これを書く前にちょっといいな、と思った漫画家さんもTwitterに籠りきり。ブログを見に行ったら「Twitterとpixivを更新しているからブログっていらないと思うし見てる人もいないだろうし、もし必要だと思ったら連絡ください」とある。でも連絡ツールはどこにあるのか分からない。連絡する気も失せて、心のリストから外した。この人がメガヒットでも飛ばさない限り、本を手にすることはないだろう。他にも、原稿を落としているに四六時中呟いている人、気持ちの悪い言葉でファンとなれ合っている人、ファンに媚びまくりの発言とラクガキを載せまくる人、明らかに作品に質が落ちた人……。書いたらキリがない。一番自分が引いたのは、打ち切りが決まったことを報告していた人。いろいろ大変な出来事ではあると思うし、残念だと思ったが「人生2度目の打ちきりです」とかツイートを始め、ファンがそれに反応し始めた。ものすごいなれ合いが延々と続き始めた。信者ってこういう人たちのことを指すんだ……と見せつけられた気分だった。あっという間に慰めあいのリプライで埋め尽くされていった。たまたま見ていただけだったのに寒気がした。 良くも悪くもファンに甘やかされていた。

 

Twitterに情報出してます!って言っても一日に何度もツイートしているからどんどん流れていく。情報も流しているからほとんどの人が鍵をかけていない。見たくもないなれ合いやツイートも見なきゃいけない。pixivもみんなが会員登録しているわけじゃないの。登録してなくても見られるけど、登録している人向けだからさ。 Twitterを見て幻滅して読むのを止めたマンガは1つや2つじゃない。何でブログやサイトはいらないと思うのだろう。更新は大変かもしれないけど、情報を探している身としてはパッと見られるし、便利なんです。商業誌と同人されている方は尚更。分けて羅列されているだけで、それだけでありがたいんです。 Twitterほど見にくいものはないです。だって今何をしているのか呟くものでしょう。3回呟く間に、ブログの更新できませんか。

 

今どき何を書いてるんだ(笑)って思われるかもしれないけど、それで構わない。誰が見てるか分からないってことを少し気に留めていてほしいなと思うのです。