読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

今さらながら「采配のゆくえ」にハマる

ゲーム

ニコニコ大百科で戦国武将の項目をひたすら見て回っていたら、「采配のゆくえ」に行きついた。2008年にコーエーから発売されたアドベンチャーゲームだ。廉価版で出たら買おうと思っていてすっかり忘れていた。調べたら廉価版は出ていなかったので、適当に中古で買ってみた。

主人公・石田三成になって、西軍の指揮を執り「関ヶ原の戦い」で東軍に挑むという内容。発売前後は「逆転裁判」に似ていると話題になったらしい。戦国無双をパクられたからパクリ返したんじゃないかとか、なんだかすごい憶測が流れていた模様。逆転裁判は全部やっているし、似てるんならそれはそれで遊びやすいかもとか適当に構える。遊んでいくうちに、ストーリーのアツさに逆転裁判のことなんかどっかに行ってしまった。ナルホドくんは合戦しないものね!結局のところは全然別のゲームでした。遊べばすぐに分かるよ!

 

自他ともに認める馬鹿正直な三成と、腹心の島左近と親友の大谷吉継。最後まで支え続けてくれる、左近の娘のたまき。最初は心がバラバラだった西軍の武将たちだったが、三成の愚直なまでもまっすぐな想いに心を動かされて、戦場で邁進していく。しかし、パラレル関が原ではないところがミソで、史実を知っていると誰がどう動くのかが読めてしまうという。このゲームのいいところでもあり、悪いところでもあるのが、史実に忠実なところ。開発チームは歴史好きなんだなあーと端々に感じられて愛が詰まっているのがとにかく分かるだけに、ゲームとはいえ脱線するのを避けてしまったのだろうか。とは言え、知っている人には史実と比べながら楽しめる作りになっているし、知らない人は純粋に楽しめると思う。難易度も低めなので、あまり詰まることもない。

 

中盤に大きな山場があり、西軍は窮地に立たされる。追い詰められたところからどう打開していくかが見せ所。キャラがモブまで濃い目で、ストーリーをぐいぐい引っ張っていく。尻込みしていたキャラや消極的だったキャラが、己のために皆のために戦い始める姿が涙を誘う。後半はパラレルに近くいろいろ期待させるも、逸脱せず分岐もなく丸く収まっていく。史実に忠実な分、Ifルートや2周目の変化はなし。エンディングは賛否両論があった模様。最後の最後であれかよと拍子ぬけしてしまうことも事実。最後に分岐が登場し嫁が選べるところは良心的だと思う(どちらも大変魅力的なので迷うが)。そんなゲームじゃねえよ!そんな訳もあってか(?)設定資料集でスタッフによって後日談が描かれている。

 

設定資料集はサントラ付なのでちょっとお高めではあるものの、各キャラクターのデータから、雑誌に掲載されたイラストやスタッフの制作秘話までガッツリ載っているのでファンは買って損はない。後日談も高虎とはつの話まで入っている。ちょっと高虎が可愛そうな気もしなくともない。はつって罪作りね……。ゆるキャラとのコラボまであるのが面白い。

 

ちなみに攻略本のオフィシャルガイドもあるけれど、こちらは三成のダジャレや選択ミスの際のセリフなどゲーム本編の情報がほぼ網羅されている。二冊ともそろえると完璧。……なので、この二冊を買ってしまうと終わりである。今さらなので薄い本もあまり見当たらない。

 

いろいろ不満はあったし、神ゲーとまではいかないと思う。でも一人でも多くの人に遊んでもらえたらいいな、と思える良ゲーだった。コーエー信長の野望(FC版←いきなり戦場に放り込まれた覚えあり)とアンジェリークPC-FXを買った黒歴史あり)しか遊んだことが無いんだけど、これからはもう少し遊んでみたい。

 

今さら、本当に今さらだけど、布教のつもりで↓紹介動画とか。西軍がどうなるかは遊んでみるといいよ、ということでこの記事はネタバレしないようにボカして書いてみたつもり……です。

 

 

実況は苦手だけどなあーと思いながら、なんとなく見ていたらハマってしまったのであった。うp主さんありがとう。

 

余談。

采配で検索していたら、BASARAにパクられたという記事を発見した。なるほど、と思いつつ読んだ。私はBASARAはすべてプレイ済みなもので、采配を遊んでいるとき同じことを思っていた。それよりも、一番気になったのはラストに「絆」という言葉が頻繁に登場することだった。西軍には絆の力があり、家康は自分にはなかったと認めるセリフがある。これには続きがあるが……これを見た時BASARA3の家康が脳裏をよぎった。BASARA3の家康はちょっと曰くつきで主人公に昇格しているので、このあたりもキャラづくりのヒントになったりしているのかなと思ったり思わなかったり。一応あっちの家康が絆を連呼している理由は2までのストーリーを汲んだものではあるが(特にバトルヒーローズ)、やっぱり気になる。あくまでも私の妄想で、どちらがどうとかというものではないです、念のため。