花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

ゲーム

そのジャンルを遊ぶ時の基準

ひと月前に書いた「本編を通しての「罪の華エンド」を考える」という記事を読み返したんだけど……何これ。カッとなって書いちゃったんですが、あれから下天に限らず様々な乙女ゲームの感想を読み、好きな声優さんが担当されたキャラのみプレイする方やハッピ…

さようなら、逆転裁判6

逆転裁判6で綾里真宵が登場すると知った時、本当に嬉しかった。同時にビジュアルが公開されて、3までの面影を残しつつ大人になった真宵ちゃんの姿に「とうとうアラサーか~」と若干の戸惑いを感じつつも、私も年を取ったしなと笑った。またナルホドくんとマ…

今更だけど、狩りゲーと討鬼伝の話

もんげー! 「クロニクル3」とやらが出る!とても、とっても楽しみです。クロサー?クロサーとか言ったらいいの?3DSとVITAで出るらしいけど、DSの方でいいか。というのも、近々VITAも買う予定になりました。ちょっと前に書いた、気になっていた乙女ゲーがV…

アンリの道も一歩から

引き続き、FEやってます。全体の操作もタッチペンにも慣れて、さくさく進んでいます。 それにしても、勇者アンリが一人で孤独に登った氷の神殿までの道のりも、アリティア軍が50人くらいで登っちゃうし、途中でばんばん仲間が増えるし、氷の神殿前で説得…

手ごわいシュミレーションは何年経ってもどす黒い内容だった

正月3が日からずっと「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎」を遊んでたんですけど、14章でガトーに「星のかけら集まってねーし」って言われてショックでした。かけらが集まっていない、つまり普通の(若干投げてる)エンディングしか見られないってことで…

「龍が如く」とは何だったのか

3月10日ごろに書いていて放置していた記事です。 何かいつもに増して支離滅裂だったので書きなおそうかと思ったんですけど 率直な感想ということで(←無理やりポジティブ)、そのまま出してみました。 --------------------------…

舞台「戦国BASARA3 瀬戸内響嵐」の感想とか

舞台「戦国BASARA3 瀬戸内響嵐」に行ってきた。 まず初めに書いてしまうが、今回はイマイチだった。 タイトルから分かる通り、毛利元就と長曾我部元親が主役の舞台。基本的に元親緑ルートをベースに宴を含めたネタを拾って構成されていた感じ。元就側の話に…

今さらながら「采配のゆくえ」にハマる

ニコニコ大百科で戦国武将の項目をひたすら見て回っていたら、「采配のゆくえ」に行きついた。2008年にコーエーから発売されたアドベンチャーゲームだ。廉価版で出たら買おうと思っていてすっかり忘れていた。調べたら廉価版は出ていなかったので、適当に中…