花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

早期予約特典オリジナルテーマが手に入りませんでした……涙

下天の話題がなくて寂しい毎日。そういえば、まだ早期予約特典のオリジナルテーマをもらってなかった! Vitaを下天の華仕様にするぞーと、さっそくPS3を引っ張り出してきました。今のところVitaのコンテンツをダウンロードする場合はPS3経由にしないといけないのです。自分のブログ記事を参考に、今回も同じ手順で進めます。記事にしておくと便利ですね。

 

katasumipancake.hatenablog.jp

久々のPS3なので、まずは本体のアップデートをしなくてはいけません。長いです。無事にインストールできたと思ったら、画面が映らなくなった! 再起動を試みて、あれやこれやと格闘した結果、AVケーブルの接触不良でした。そうだね……40GBの初期型(白)だもんね。ケーブルだって年季が入ってるよね。コントローラーが黄色になっている!

 

気を取りなおして、PS3のストアからプロダクトコードを入力して、ダウンロードを……あれ? ボタンをクリックしてもダウンロードが開始されないな? いや、クリック自体ができないみたい? なんだろう。よく分からないので、戦国無双4Empiresの追加ステージでも買ってみました。全部を購入するには10円ほど足りなかったので、2つのうち片方を。こちらはダウンロードされました。VitaをUSBケーブルで繋いでアップデートもして、やっとダウンロードをします。Empiresのデータは取りこめたものの、下天のテーマは見当たりません。どこから手に入るんだろう? そもそもダウンロードしてないよね? ストアに戻ってダウンロード一覧を見ると、そこにはあるけれど、ダウンロードはできない状態に……過去に購入した無双関係のデータは再度ダウンロードができる状態で下天のみダウンロードができない。このページのまま(ストアの中では)Vitaに繋ぐことはできない。プロダクトコードの紙を読むとダウンロードは一回きりと書いてある。つまり、PS3本体にダウンロードしたか、失敗している状態になっている、と考えられる。

Vita専用のオリジナルテーマだし、Vitaで直接ダウンロードしなくてはいけなかったのか……!???

失敗であれば、再度ダウンロードが可能みたいだから、後者であればVitaで直接つなげばチャンスはある。しかし画面上では購入した状態になっているので、前者だったら不可能となる。ぎゃーーーーーーーー!!!

密かに楽しみにしてたのに! 先ほどのコード入力した後の画面で音楽もあるよって書いてあって、本当に楽しみにしていたのに!! テーマのプロダクドコードをお持ちの方は、Vitaで直接ダウンロードしてくださいね。私も悪あがき的に、再挑戦する予定です。2019年まで期限があるし……これで失敗したときのためにオリジナルテーマを有料で売ってください。予約の時にテーマは後日販売予定ってあったよね!? もう買うから! 早く販売を開始して!! 有料ならPS3経由でもいけるかもしれないし。必死すぎる。今回は、PS3もだいぶお疲れだなと思いました。2008年のお正月くらいに買ったんだし。そりゃ古いよ。

 

今回のまとめ

・特典のオリジナルテーマ(下天以外の販売されているものに関しては未確認)はPS3経由ではダウンロードができない

・オリジナルテーマはVitaからダウンロードをするべき

PS3(40GB)が重い

・我が家にもいい加減、Wi-Fi環境を作ろうと思った

「バック・トゥ・ザ・ホームDVD発売記念トークライブ」に行ってきた

f:id:coconoji:20170503113419j:plain

面白そうだな~と、行ってきました。去年、公演を見に行ったときも雪で、今回も荒天で……したが、会場の最寄り駅についた時は晴れていました。良かった。

会場は若い女性が多くて、独り緊張しましたが、男性のお客さんもいました。今回はサントラの販売があったので、さっそく購入。トイレに行って戻ってきたら、物販は長蛇の列になっていました。事前アンケートも行っていたので、用紙を記入する人たちもいて、ごった返すロビー。まあいいかと書かなかったのですが、開演前にホール内でも回収してくれると明記してあったことに気がつかず……! トークが盛り上がりすぎてアンケートは結局あまり読まれていませんでしたが、何でもいいから書いておけば良かったなあ。

スタートから、どんどん話が弾んで進んで、皆でDVDを見るコーナーは予定していた分を見切れないくらい盛り上がりました。最初から笑いっぱなしで腹筋が死ぬところでした。今回いい席がとれて、和田さんと高橋さんが目の前で、精神のバランスが取れないしで、会場で気絶するところでしたよ! 作・演出の細川さんも来ていたのですが、独特のこだわりが面白かったです。和田さんと4年前に仕事をした時は紙袋を使っていたそうですが、はバック・トゥ・ザ・ホームではリュックになっていて、そのあたりを執拗に聴き続けていたのがツボでした。ちなみに手ぶら→巾着(テニミュ時代の衣装さんの手作り)→紙袋→エコバック→リュックと進化中みたいです。裏話や出演者アンケートを挟みつつ、ダイヤのAネタがあったり、終始野田さんがいじられている状態だったりでした。小野坂さん、野田さんいじりはお手柔らかに~。とても楽しかったのですが、マジのダメ出しもあったりで、真面目な部分も見られましたねえ。平子さんがラジオで役のために髭をのばしていると仰っていたので、そのお姿も見られました(個人的満足)。ラストのパラパラで唯一、高橋さんが失敗した回を採用していた件で、昼夜録画してたはずってなってましたが、確か失敗してないほうに行きましたけど! 面白くなかったとか言うな! ぷんすか。

音楽担当のあらいふとしさんも登場して、オープニングとエンディングの演奏もありました。エンディングのあらいさんバージョンもいいですね! さすがにCDには入ってなかった~。

 

サントラと共にDVDも買いました。通販の時に、ちょっと悩んでまして、「副音声があったらな」と思ってたら付いたんですよね……なるべくTwitterをチェックしてたつもりだったのですが……で、今、副音声にしてみながら、この記事を書いています。思ったより映像を見ながら話してますね。下ネタも入ってるな。レンタル料金のところ笑った。DVDは公演中のインタビューと1月のトークライブの映像もありました。1月のは行けなかったので、嬉しい! どちらも10分くらいずつ入ってます。

サントラも8曲入りで、根本宗子さんのエンディングがずっと聴きたかったので、すごく嬉しかったです。許可が下りたので収録できたとのことで、あらいさん、ありがとうございます! スマホとラストのパラパラも入っているし、つい手が動きます。

 

そしてトークライブでは、再演と新作の発表もありました。新作って何をやるのかな~! 来年の秋まで少し長いですね。メンバーが変わらないでほしい! 楽しみです。

アニメになったらどうする?

www.famitsu.com

 ファミ通を見ていたらコエテクの決算記事があったので、何となく読んでいたらルビーパーティ―の今後にも触れていました。

 “ルビーパーティー”ブランドでは、『ネオロマンス』シリーズを拡充し、IPを活用したアニメ化やイベントなどのメディアミックス展開を一層強化していくとしている。

 アニメ化って! 遙か6やリメイクされたアンジェリークのほうが可能性は高いのかなと思いますが、万が一、下天がきたらどうする? 私は無双やコルダの作画があまり好きではなかったので、下天のアニメ化には消極的だし期待もしていないのです。もし、実現したら、あれこれ言いつつも楽しく見ると思いますが……うーん。

イベント事業が伸びているとのことで、そちらに重点を置くのだと思いますが、アニメ化の文字は見逃せませんでした。アニメ化したらゲームも動くかもしれないし。……やっぱり期待してるじゃん! 下天は大団円があるから、作りやすそうだよね。さて。

好きになってはいけない人を、好きになってしまった(解決済み)

諦められたら、どんなに良かったことか。いやそれ以前の問題だったんだ。

だって攻略できないし……

どんなに足掻いても攻略できない……

柳生三厳が攻略できない………

剣が君で一番好きなキャラは、柳生三厳みたいなのですが、どうしたらいいんですか?

みたいってなんだよ!! ひー! サブキャラじゃないかよ!!

本編をプレイしている時から好きでしたよ? でもさ、攻略キャラじゃないから、頭のどこかで頑張って除外してたんだよ。乙女げーなのに、サブキャラ好きになってどうするんだよ(笑)って、もう一人の自分が嘲笑ってたんだよ。でも、もう無理だよ。「恋はするものじゃない、落ちるものだよ」的な常套句があるじゃない? もうそれだよね。

柳生十兵衛三厳が好きなのですが、どうしたらいいのでしょうか?

(知恵袋っぽく)

別に攻略対象がどうとかという意味ではないんです。6人とも好きだから、こうして剣が君シリーズを遊んでいるわけだから。でも、本命キャラはできなかったんだよね。それぞれ魅力的なのに、ぐわっと私の心を鷲掴みしていったおのこはいなかったんだ。なんでだろう? すっと考えてた。少ないながらも、乙女ゲームを遊んで好きだったキャラを思い起こしてみたら、大人でクーデレなキャラが好きなんじゃないかと、とりあえずの結論が出た。剣が君の攻略対象の6人って皆若い。そのせいか、たまに幼く感じる部分があるんだよね。そのあたりの話は省略するけど、一人くらいは三厳や家光のような明確な大人キャラが欲しかったんだ、と思った。

だからといって、今後、香夜で攻略したいとは思わない。香夜はやはり天下五剣をめぐる6人の運命を握っているのだから、他のキャラと恋愛しても違うような気がする。家光を攻略できるようになっても実の妹と瓜二つの主人公って微妙だが……。

そんなことを考えながら、人物詳細のセリフばかりをくりかえし聴き続けている。剣が君のありがたいおまけである。本編のほうだと自己紹介からあったんだねーふひー。『異性に想いを告げる』という項目があって、三厳がね「この命をかけて必ずお守りする。どうか某に生涯を捧げてくれぬか」って言うの!!!!!!!!!!!! これ!!! 本編で聴きたくないか!?? あああー!バンバンバンバンバン!!! (机をたたく音)脳みそが沸騰する!! 

勢いで縁の回想も見たりしてるけど、ちょっとぶつ切りだから、最初から遊ぼうかな、三厳目当てで。ごめんよ……縁。あと家光のセリフがもう素敵すぎてね「余」とか「ちこう寄れ」とか「愛い奴」とか……ひー! バカ殿とか信長(下天)でしか聴いたことないよね! (データが狭い)サブキャラの人たちって何歳くらいなんだろうね。このゲーム、1633年の話なんだけど、史実だと三厳って27歳くらいじゃん。螢におっさん呼ばわりされてるからもう少し上なのかと思ったけど、どうなんだろう? 実彰と一つしか違わないよね……。実彰も鈴懸に「おじさん」と呼ばれていたから、どっちにしろ「おじさん」からは逃れられないのかもしれないが。

真面目だけど、蟄居していた過去があったり、矢ノ彦に「犬としゃべってた」と目撃されたり池に落ちたり、お茶目な部分があったり、縁を気遣っていたりね。はあ……愛した人は手の届かない存在だったのだよ。あー。ゲームだなー。ゲームだよねー。「攻略対象」に入ってないと愛しちゃいけなんだよ。自由恋愛なんて夢のまた夢なんだ。

攻略できないキャラを一番好きになってしまうなんて。まさか、こんな結末を迎えようとは思わなんだ。

限定版と特典CDの感想

ゲームをクリアしたので、限定版を開けてみました。ので、感想など。

 

【限定版・特典小冊子】

 キャラ紹介と3編のショートストーリーで構成されています。冊子のタイトルが「料理茶屋店主 花嫁探し」ということで、すべて香夜の父視点になっています。会ったこともないサブキャラの紹介まで父親がしているのが、何だか新鮮というかおまけならではの試みといった感じですね(マレビトまで紹介しているが……)。ショートストーリーは攻略キャラが2人ずつ登場。彼らを日ごろどう思ってみているかが分かるのも面白い。若干、いや結構かなり品定め感あるけど。ドラマCDと違って香夜も登場して会話があるのが嬉しいです。冊子の紹介を見て、掛け持ちして演じている声優さんに気が付いたり。ハチモクとかむろ、香夜の父とカルラ……言われるとそうだ~。あとマレビトの声が……そんな声だったっけ? 思い出せないな。

【限定版ドラマCD「夫婦で語る愛しき想い」】

 螢(奇)・鈴懸(幸)・縁(和)・左京(幸)・実彰(和)・九十九丸(幸)でだいたい一人6分台。鈴懸が短くて5分50秒くらい。逆に縁は多くて8分弱あります。鈴懸は若干早口なのかもしれない。さらっと聴けます。後半はダミーヘッドを使っているんだろうか? ドラマCDは上の順で季節が一巡していきます。螢から始まって、鈴懸の七夕、縁の月見、実彰の年の瀬、それから九十九丸との春。左京とが焼き芋を食べる話でちょっと笑った。焼き芋って! 螢との話はあまり季節感がないのですが、夫婦茶碗の話で、今回の話の中では一番萌えました。くうー。短い中にも萌えがあって良かったです。が、九十九丸のトラックで「猛者」って言ってたのは、思わず笑ってしまった。ゲームをプレイした時も感じましたが、江戸に住んでいるエンディングが採用されやすいんだな。

【早期予約特典「お江戸散歩~九十九丸・実彰編~】

14分弱。香夜の店で食事をしていた九十九丸と実彰だったが、別の客が忘れ物をしたため、3人で届けることになる。行き先は浅草。短いストーリーながらも、慎重な実彰とのんびり九十九丸の対比や、2人の仲の良い会話も楽しめます。雨宿りのシーンはほのかに甘く、想像をかき立てるのがいい感じです。

Amazon限定ドラマCD「お江戸散歩~縁・左京編~】

こちらも14分くらい。縁が香夜を誘っての舟遊び……だったのですが、左京もくっ付いてきました。隅田川を上って浅草方面へ向かいます。まったりした九十九丸・実彰編と違って、終始、香夜の取り合いです。仕舞いには睨み合いになってて笑った。お前らどんだけ香夜のことが好きなの! 縁はコミカルさが増して楽しいし、左京も隠さず香夜にアプローチしてくるの面白い(自分でも分析してますが)。

手に入らなかった、螢と鈴懸のドラマCDもどんな感じだったのか聴いてみたくなりますね。

【百夜綴り】 トロコンしました

剣が君 百夜綴り 通常版  - PS Vita

剣が君 百夜綴り 通常版 - PS Vita

 

百日草の書は攻略キャラ6人と香夜の語りだったので、すぐに終わりまして、無事にトロコンしました。前作「剣が君 for V」が楽しめた方には、おすすめしたいFDとなっております。

はー長かった! とにかくボリュームがあったし、糖度もほどよくだったしこれでもかと多角度から繰り出してくるので、飽きませんでした。物語を読み進めていくだけなので、若干の作業感はありましたが……長かったし(2回目)。トロフィは普通にプレイしていけば獲得できます。あ! 辞書のトロフィがなくて良かったです! 選択肢からのセリフにも隠れてなかったので、トロコンしてから確認したら、すべて埋まってました。ありがたい仕様。

書庫(今作の本編)とは別に、ご褒美の「貸本」でパロディのような物語が読めたりもして、二次創作的な遊びまで網羅されているっていう、充実の内容でした。しかも壁紙にできるイラスト付きって! 太っ腹だなあ。

本編で気になっていたり、放置されていたエピソードも回収されたり、個別の書で見た話が別の書で続いて、エピソードの羅列ではなく全体の繋がりもありました。ただ主人公の香夜と攻略キャラの話ではなく、攻略キャラ同士の物語も盛りだくさんだし、過去編があったり後日談もたくさんあったり、そこにはサブキャラ達もたくさん登場し、彼らの物語もあったりで、剣が君の世界にどっぷり浸れたな~。ただ、どのタイトルが前作の4種のエンディングの後日談なのかは分かりにくかったですね。遊べば分かりますが、あらかじめ表記してあったら良かったかも。システム周りは微妙だったな……。

どの物語も良かったのですが、個人的には、天竺葵・山茶花・桜での新たな物語が遊べたのが嬉しかったです。後日談だと、縁の奇魂とか九十九丸や鈴懸の8編とか……8編は6人とも良かったですね。逆に暗い話も多かった印象もあります。過去話は等しく辛い話ばかりです。鈴懸が気持ち明るめだったかな。サブキャラの物語がしっかり見られたのも満足なポイントでした。これに関しては別に記事を書くので、省略します。

イベントグラフィックも多くて、とにかく美しく目を惹くものばかり。でも、読さんじゃなくて、別の方が描いたのかな? と思えるCGもちらほらある感じがする……それでも十分すてきなのですが。あと不思議なんだけど、螢が女性に見える時がある。そういえば、鬼族の爪が黒いのって何か意味があったのだろうか? 斬鉄達も、吉備に嫁いだ香夜も黒く塗っているということは、剥がせるわけだよね。角を隠していても、黒くしていたら自ら鬼ですってアピールしちゃってるじゃん……。こういうのって設定資料集を見たら分かるのかな。今Amazonで調べたら品切中じゃないか! 

今はたくさん溜まった勾玉を使って、人物詳細をしこしこ見ています。攻略キャラは子ども時代から通常や4つのエンディング仕様まで、セリフを言ってくれるパターンが豊富で楽しいです。長七郎が父親との思い出を話しているのが泣ける。人物詳細って本編とは違うんだろうか。これを書いたら確認しよう。

左京の声が思っていた以上に良かったので、中の人が出ている乙女ゲーを調べてみたんだけど、うーんよく分からないな。左京みたいなしっとり落ち着いたキャラが出ている作品はないのかしら? 話がそれてしまったので、このあたりで。

乙女ゲーとしてでなく、このゲームの世界観と登場するキャラクター達、取り巻くすべてが好みだったので、甘い話も暗く辛い話も、未来を感じさせる希望ある話も、とにかくいろいろ見られて満足でした。

二輪草・江戸菊の書 かんそうメモ

個別の書をクリアしたので。二輪草の書と江戸菊の書を見ました。

二輪草の書は攻略キャラ6人から、2人ずつの組み合わせで様々な話が読めます。全て江戸での物語ですが、九十九丸以外の5人は後日談になっている編がありました。二輪草の書は、本編に含むと蛇足になりそうな小ネタ的なエピソードで構成されているかなと思います。なので、縁と鈴懸のほんわかストーリーや、鬼であることを明かした螢と左京のドラマなど、コメディからシリアスまでさまざま。脇キャラもちょこちょこ登場しますが、鼓と七重が出てきて面白かった。2人のエピソードが見られたのが、密かに嬉しい。それにしても、ここにまで後日談が盛りこまれていたのにはビックリですが……九十九丸はなかったよね? 個別でも幸魂のみで、ネタ切れかもしれない。作りにくかったのだろうか。

と、書いてから江戸菊の書を見ていたら、荒魂でしたが九十九丸の後日談からの話がありました。江戸菊は脇キャラのエピソードでしたが、剣が君は登場キャラも多く、おのおの物語があるので、掘り下げてみることができて嬉しかったです。特に家光の話が刺さりました。八幡が開けっ放しにした蓮台野の常夜の門を閉じに行くのですが、この時点で本編→九十九丸・過去編→江戸菊1編と繋がっていますね。三日月宗近を縁に託した理由も分かりましたが、時々寝込んでいた理由も同時に分かって辛いです。鼓を通してですが、忠長の人柄にふれる話もあり、駿府側の話はこのくらいでいいかなと思います。でも、長七郎と親子なのが想像できない。一緒にいるシーンがなかったからだろうか。それぞれスチルもあって嬉しかったです。半蔵の町娘姿が可愛かった! お松ちゃんと田一はどうなるのかな、とか斬鉄とシグラギの子ども姿が可愛いとか、カルラの仮面を取った姿がカッコいいとか、いろいろな発見と萌がありました。シグラギの髪の毛って何でピンクなんだろうか……本編をプレイしていたころから思ってたんですが、立ち絵を見る限りだと女の子にしか見えなくて、気になってしょうがないです。脇キャラの立ち絵もバリエーションがあって、服や髪型が変わったり。成長した神威がかっこ良かったです。

辰影の話を見ていて、ふと気になったので調べてみたのですが、父親は史実の人で辰影と縁はモデルになっている人がいる感じですかね。うすうす感じていはいましたが、縁は光圀公なのか? それにしても、堕胎を命じてるってどういう状況だったんだろうか……。と、光圀公のウィキペディアを見たら理由が書いてあったじゃないの。なるほど。本編は螢から攻略したのもあって、辰影のことが苦手な部分もあったのですが、プレイして進めていくことで、いろんな側面を見たことで惹かれる姿も見られましたね。こう、ふいにキュッと心を鷲掴みしてくるときがあるというかね。儚いですね。

全部見たぞー!100編見たぞー! 終わったのかと思いきや、左下の空いていた箇所に百日草の章が出現!! まだもう少し続くようです。