読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花火ノート

オタク女の独りアーカイブ

アイドルを追いかけて、1か月くらい経った(備忘録)

昨年末の天啓により、NEWSを応援することになったわけだが、すぐ飽きるかもなという心情とは裏腹に、今も楽しく曲を聴いている。そう、曲がね、すごく好みだったんだ。約ひと月前、「QUARTET」が借りられないという記事を書いたのだが、結局、1月下旬まで借りられなかった。スマホで返却されたのを確認してから店に行ったら、タッチの差で貸し出し中になっていたこともあった。何だこのドラマティックな展開は。レンタルコーナーで独り感じる無常さよ。

無事に借りられた「QUARTET」は「WHITE」と共に聴いている。4人組であることを意識して前面に押し出したことで、今の形を確立できたんじゃないかな。この2枚のアルバムがとても好きになった。この2枚はあとで買い揃えたい。

今週は新曲「EMMA」が発売し、注文していた初回盤Bが届いた。個人的には新曲よりもカップリングの「 Snow Dance」が好みだったのと、「さくらガール」と「I・ZA・NA・I・ZU・KI」の新バージョンが嬉しかった。これは本当に個人の好みでしかないんだけど、NEWSはシングルよりもアルバム収録曲のほうが粒揃いだなと思った。シングル曲もアルバムの一タイトルとして組み込まれていることで、マッチする部分があり、より魅力が引き出されている感じがする。ただ、テレビやラジオでシングル曲を聴いただけでは、ここまで彼らの楽曲が好きにはなれなかったかもしれない。あ、「EMMA」も好きですよ!CDで聴くとやはり印象が違って、より歌詞の世界観に入り込める感じがする。

 私は初回盤Bを買いました! と、貼りつけてみたものの、4人が写ってるとか、写ってないとかそんな問題じゃない、ジャニーズ右倣えの真緑ジャケットである。味気ないな。クリアファイルも貰ったけれど、包装されてなくてむき出しのままだったから、手元にあった適当なビニール袋にしまった。それにしても、アイドルのクリアファイルって手に取るだけで恥ずかしいぞ……私、明日学校に行って授業を受けるんじゃないかと錯覚する。

 

彼らの活動で一番楽しんでいるのはラジオ番組だ。ラジオ好きには本人たちが気楽にしゃべってくれる番組があるのは嬉しい限り。テゴマスの番組は聴けないものの、週に3番組もあり充実している。何度か聴けない日があったものの、録音環境もないので聴ける時にはその時間を最大限に楽しんでいる。録音したところで聴かないで捨てる未来が見えるから(経験談)、聴ける時にしっかり聴くのがベストなんだよね。4人が好きなので、今のところは「担当」を決めていない。顔はこの人が一番好きとか、しゃべり方はこの人だなとか、そういうのはざっくりあるけれど。

あとはテレビを見たり(4人そろって出ている番組がほとんどなくて悲しい)、表紙になった雑誌を買ったみたりと気楽に楽しんでいる。ドル誌は初めて買ったよ~読者コーナーで「テレビを見るしかない自分はファンの資格がないのでは」と悩み相談が載っていて、気持ちがとても分かりつつ、ちょっと笑ってしまった。いつの時代も、2次元でも3次元でも「ファン」の定義で揉めるものだな……エジプトの壁画で「最近の若者はなってない」的な愚痴が掘ってあるそうなので、きっと「ファンの定義」も古代文明のころから揉めてるんじゃないかな。それは置いておいて、編集側の解答が「よく考えてください。あなた方が大好きなジャニは、ライブに来るか来ないかで差別するような男たちですか? どんなファンにも、平等に大事にしてくれる。それが彼らなのでは?」とあり、素晴らしかった。相談者も救われてると願う。

ジャニオタ用語で「茶の間」という言葉があるけれど、それだけでも十分楽しめるのが彼らの強みでもあると、今回改めて感じた。あと、CDの売り上げが出てからの一喜一憂と焦燥感には驚いた。このCDの売り上げと評判が「イマイチだと、次のリリースに響く、予算が減らされてしまう」って天下のジャニーズでもそうなのかい? SMAPの騒動を見るまでは、グループに入ってデビューできれば安泰なんだろうと思っていたが、ジャニオタの皆さんの力の入れ様からするとどうも違うようだ。これは件の解散に限ったことではなくて、ずっと前から存在しているみたいだ? しかし、この「支える・尽くす文化」が持続する限りはこの事務所も何とかなっていくのかな、と思う。明日のことは分からないけれど。そんなことを考えていた1か月だった。

「痛快☆乙女ゲーム通信」第44回放送分 感想メモ

FM西東京で第1土曜日に放送中の「痛快☆乙女ゲーム通信」を聴きました。特集は「遙か3」ですが、今回ゲストでくまだゆか先生が登場しており、下天の話もあるとのことで、放送を楽しみにしていました。

番組のブログから視聴できます。

tsuotometsu0403.seesaa.net

OP~コーナー①の8:30ごろまでが、「下天のコミカライズやネオロマミニキャラを担当したきっかけについて」の話になっています。下天のコミカライズのお話など…コンペ用の漫画も見てみたい! コーナー②~ED(次回予告)でもミュージアムの告知など。

遙か3は今回リメイクということで、今回の特集はプレイ済みの方向けといった感じです。遊んだことがある人なら「あのシーンの話をしているんだな」とすぐに分かると思います。リストを作るくらいキャラソンいっぱいあるのか……やっぱりEDで流れるのか? 私は遊んだことが無いのですが、よく分かりませんが源平合戦の話なんですね。

 コーナー③では下天の信長の話もされていました!。くまだ先生のペンネームの由来はちょっと笑ってしまった。すみません、まさかそこから取っていたとは……。

パーソナリティの通崎さんが乙女ゲーに精通された方で、安心して聴くことができる番組です。くまだ先生と乙女ゲーや遙か3の思い出話に花を咲かせているのが、なんとも微笑ましいです。

 

過去放送分では、舞台版下天の華の特集もあります。

tsuotometsu0403.seesaa.net

あなたも浪費してる? 劇団雌猫「悪友 vol.1」

浪費。まんがは結構買うけれど、それは子どものころから変わらない。ゲームは昔ほど遊ばなくなったし。でも、全然まんがを読まない人から見たら、持ってるように見えるかも。ゲームは一番高い限定版を買ったりする。そこから派生したイベントにいったり。お金は減るけど楽しいぞ。うーん、浪費とは。

 

「インターネットもぐもぐ」さんが好きで、ブログを拝見していたら「浪費」をテーマ同人誌だしますと告知があって、通販開始を楽しみにしていました。が、Twitterをやっていないのでこまめに確認はしていたものの、開始の告知に気が付いたときには売り切れていました。その後、再度申込期間を作ってもらえたので、早速申し込んで、先日届きました。

目次を見ただけで戦闘力の高さが伺える。みなぎっている!

浪費って何に対しても出来るものだな、と改めて実感する。特定の人物や作品へ愛を注いでいる人もいれば、いろんなものに浪費している人もいて、幅広く網羅している。ジャニーズの話から老後の資金の算出に変わっていったのは笑ってしまった。いやすごく大切な話ですが。特定の話をしていても、他にも浪費必至の趣味をいくつも持っていたりでパワフルだ。あんスタの方の「課金マウンティング」を見て震えがくるものの、同人誌を作っている話には胸がキュンとした。

似たような世界を追っているようで、それぞれ全然違う。そんなの当たり前だろう? って思うけど、やっぱりお金がガッツリ絡むリアルな体験談は共通して生々しい。そこには羨望も称賛も嫌悪もなかった。ただ、ひたすら「ひょえーすごいなあ!」ってもりもり読み進めた。人様の懐事情をのぞかせてもらうのは楽しい。お金の使い方は千差万別だなあ。ガンガン使う人もいれば、上限を決めている人もいた。そんなに悲観的ではない。中には飽きてしまった人もいたが、すでに別の対象物を追いかけている。娯楽はそこかしこに溢れている。

 

巻末にはアンケート結果の「浪費事情」やサークルメンバーさんの対談もあり、読み応え十分。載せきれなかった分はインターネットもぐもぐさんにも紹介されているので、合わせて読むと、より楽しい。紙媒体とネットの合わせ技大好き。「悪友」では紹介されていない、洋服や美容、カメラや自転車、食品に聖地巡礼……あらゆる「浪費」が掲載されていて、欲望の果てしなさを感じずにはいられない。

mogmog.hateblo.jp

どのケースも楽しく読みましたが、特に「市川海老蔵で消費する女」が良かったです。知らない世界を少し覗かせてもらった気分。私も見に行ってみたいなと何だかワクワクしてきました。あとバレエも行ってみたくなった。浪費は「今しかできないこと」と割り切り、現場(ってジャニーズ用語じゃなかったのか)の一期一会な世界へ飛び込んだり、同人誌を製作したり、2次元でも2・5次元でも3次元でも、どんと来い。浪費するってのは快楽と高揚感、あと少しのほろ苦さ。登場した人たちは、みんなイキイキしている。私自身もそこそこ浪費していると思っているので、身に沁みるエピソードが幾つもありました。はあー。

すっかりオープンワールドになったインターネットで語りにくい話題をこっそりをまとめるには、同人誌がぴったりなのかもしれない。タイトルはvol.1になっているので、今後も期待していいのかな。楽しみに待っています。面白かった!

ミュージアム関連まとめ

ミュージアムの記事やツイートのまとめです。

 

dengekionline.com

www.hmv.co.jp

www.famitsu.com

 

 

 

盆栽の見本が展示されてたけど、売れたのかな。

www.gamer.ne.jp

前期も見たかったな~

 

お疲れさまでした!

 

ここからは日付順で来場ツイートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんメッセージノートに記入されたみたいで、ぜひとも見てみたかった…!

舞台版、また公演があったらいいですね。

 

最後に信長様。

「下天の華ミュージアム」に行ってきた

31日に下天の華ミュージアムに行ってきました。前期も行きたかったのですが、この日しか予定が空いていなかったので、しっかり楽しんでくるぞーと渋谷に向かいました。

渋谷モディに到着してエスカレーターの乗ったら、5~6人の女性が連なっている状態で(もしかしてお仲間だったりして)と内心ワクワクしていたのですが、みなさん5階で降りていきました。6階は私一人で到着。

グッズの再入荷はHMVさんのTwitterでアナウンスされていましたが、心配だったのでミュージアム手前に設置された売り場をのぞくとステッカーもすべて揃っており一安心。早速ミュージアムへ! 撮影OKとのことで、店員さんに伺って入り口に展示してあったくまだ先生の色紙をパシャリ。

 

f:id:coconoji:20170201095351j:plainチケットもあったよ

平日のあさイチで入場したのもあり、自分しかいない状態でした。撮り放題だ! とヒャッハーしながら写真撮りまくりです。フヒヒとニヤけ顔でバシバシ写真を取っていると、ミュージアムを通って倉庫?に向かう店員さんがさっと現れるので要注意だ(あさイチだし、私が一人きりで見ていたからかもしれないが)。展示物は見たことがあるイラストやラフでしたが、線のタッチや勢いを肉眼で見ると、印刷されたものとは違った躍動感を感じられます。琥狗先生の下描きは黄色の色鉛筆だと思っていたのですが、ラフを拝見するがきり、細身のペンのようです。インクだまりがある。さっと描かれた下描きに清書されているわけで、これがプロか……と圧倒されます。秀吉の表情のスケッチがあったのが嬉しくてまじまじと眺めちゃったり。夢灯りから追加された立ち絵って琥狗先生のタッチの名残りを感じませんか。ビズログ描き下ろしの官兵衛とほたるもじっくり見られて大満足。表紙案のラフがどれも素敵だったです~。こうして「下天の華」が作られてきたんだなと感動します。特に寝そべっているほたるが好き。スチルのラフはすべて夢灯りでした。

コミカライズのフロアでは下天のカラーイラストがすべて展示されてて嬉しかった~!秀吉とほたるもあったよ!コミックス1巻発売時のセンターカラーもあったし、3巻折り返しの百地とほたるのイラストも大きなパネルになっていて、独り(うわーっ)て興奮しました! 等身大パネルも全員分あってびっくり。でも幅を取りすぎてせっかくの舞台版の写真が隠れちゃってましたね……。地蔵も発見したから写真に収めたよ!

メッセージノートも設置されており、何を書いたらいいのか分からず幼稚な文章をしたためてきてしまいました。反省。他のページも少し拝見しましたが、たくさんの下天ファンの方たちのメッセージがたくさんで何だか胸にこみ上げるものがありました。佐吉役の庄司さんの直筆メッセージも見ました。おお。事前に描いてきた紙を貼りつけている人もいて、画材店の漫画関係の売り場のすみにあった交流ノートを思い出しました。あういうのって今もあるのかな。

舞台関係は少なめだったかな。前述通り、せっかくの写真が隠れてしまい、小規模のスペースでの展示だと致し方ないのかなと思いました。が、その分舞台版の映像が流れており、ついうっかり見てしまったりして(家で見られるのに)。夢灯りの展示でしたね。無印はDVDとパンフが置かれていました。場内はキャラソンが流れており、家康の「幸せ日和」と舞台版の戦闘音や悲鳴が入り交じり、カオス状態だった……。

メッセージノートと一緒にグッズも置かれていて、これどこで会計するんだ?と出口で店員さんに聞いてみると「向こうにレジがあります」と教えてくれたので、いそいそとグッズ売り場にもいってみる。シールは全種類ありました!まだそこそこあったけれど、キャラによっては少なめだったかも。

f:id:coconoji:20170201100249j:plain秀吉も買えました。わーい!

誰かしら売り切れているだろうと、当日販売されているシールを買おうと思っていたので、揃っていたのは嬉しい誤算でした。でも選べなかった……秀吉や○○、△△は買うのに、なぜそのキャラのは買わないのか?と自問自答が始まり、結局はすべて手にしていました。コミックスは2巻が見当たらず1巻も残りわずかな感じ。星見のグッズも置かれていましたが、アクキーはなし。残念……見落としたわけじゃないよね。しかし、これを発見したときは思わず2度見した!

f:id:coconoji:20170201101134j:plainほたるキティ!!

下天の声優さんが表紙の雑誌や写真集も並べてあり、ふふっと眺めていたら隣の棚の下にさりげなく陳列されていたのです。あ・あ・あっ会いたかったよ~!

会計後、HMV限定のポスターブックという商品も予約して配送もお願いしてきました。ポスターブックってなんだろうね? 全4pって書いてあったんだけど。小さなミュージアムで目録とか図録とかパンフ的なものもなかったので、記念ということで買ってみます。

レシートを見るとこんな印字が。

f:id:coconoji:20170201101639j:plain

へー誕生日なんだ! おめでとうございます。下天の華の家康も今日が誕生日だよ~なんて。国民的アイドルも40歳かあ。怒涛の一年でしたよね。そういえば、別のフロアで今日まで衣装展示をしていたはず。せっかくだから見ていこうと5階に行ってみた。すごい人だかりだ!! 写真を撮るための行列が出来ており、展示場所がエスカレーターに近いのもあって、店員さんたちが混雑対応をしている。並んでいる人たちは静かに列を形成し、順番を待っている。その列の周りには並んではいないが遠巻きに眺めている人もいる(私も含まれる)。みなさん5階がお目当てだったのか。すごい……これが日本の国民的アイドルか……。

家康殿もお誕生日なんですよ~お誕生日……

!!!??????????

ちょっと時間が遅ければ家康殿(の中の人)を拝見できたかも! と思ったが、多分緊張して混乱するだけだろう……。小林さん、ありがとうございます! 家康殿♡Happy Birthday♡

 

缶バッジとキーホルダーも買ってみました。ダブるのが怖いので一つずつです。希望は秀吉だが、誰が出ても当たりだよ。

f:id:coconoji:20170201102647j:plain

開封!

f:id:coconoji:20170201103005j:plain

缶バッジ!! 秀吉が出たぞ! 嬉しいな。キーホルダーは百地。よく見るとワラビを両手に持ってさらに口でくわえている。ワンピースのゾロかい! 師匠かわいい。

f:id:coconoji:20170201103617j:plain

しおりも貰ってきました。信長様とほたるの4コマです。かわいい。

小規模ですが、下天の華が詰まったミュージアムでした。楽しかった~!帰ってきてから「やっぱり前期も行きたかった~!」と一人悶えてました。より下天の華が好きになったイベントでした。

下天のイラストまとめ

Twitterで上がっていたイラストをまとめました。ここ1~2年くらいのイラストや漫画です。

とりあえず別記事に貼ったものは外しています。自分用まとめでありますが、何かあれば非公開になるかもしれません。すみません。

 

琥狗ハヤテ先生

 

 

 

くまだゆか先生

 

 

 

 

 

 

 

ミニワ先生

 

魔王城でおやすみ2巻でとても可愛い人

魔王城でおやすみ 2 (少年サンデーコミックス)

魔王城でおやすみ 2 (少年サンデーコミックス)

 

1巻は書店で見つけられず、ネットの各書店もは軒並み品切れ。かろうじて在庫があった書店を発見して手に入れたので、今回は予約して買いました。待望の2巻!

囚われた魔王城の中で安眠方法を探し続けるスヤリス姫の暴走っぷりはパワーアップ。風呂場だろうが魔王の部屋だろうが、安眠のためならどこまでも! このパワフルさなら、もう帰れるんじゃないと思うんだけど、しっかり魔王城の暮らしを満喫していて魔物たちも困惑しているのが可笑しい。魔王や魔物たちが勇者のためにアイテムを設置したり、進行状況を把握して到着を待っているあたりで、この漫画の世界観が垣間見える。

姫やでびあくまとか可愛らしいキャラと共に、もうひとりとっても可愛い人?がいる。なんと! 魔王です! 一人称「我輩」だし。悪魔だーこの人悪魔だ!! すぐ顔が赤くなるし、まさかのピュアな性格。自由奔放な姫に振り回されて、お茶目ぶりを発揮してひとり傷心している。見た目は中々かっこいい。そのギャップもいい感じ。

睡眠がテーマの漫画なので、ネタ切れしないかなと思っちゃうんだけど、今のところ大丈夫そう。ゲームネタもちょこちょこ出てきて楽しいし、はやくも3巻が待ち遠しいな。